So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 33

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 33
Color Glaze Application
カラーグレーズアプリケーション(着色)
油中に粉砕した顔料を少量取り、それを所望の量のニスに加える。ガラスミューラーでスラブ上で2つを一緒に粉砕します。この混合物を均一なブラッシングにするために、少量のナフサ、テレピン油、または精製亜麻仁油または胡桃油を添加することができます。色の濃さは、エッセンシャルオイルではなく、より多くの粉砕顔料またはより多くのニスを加えることによって変化します。所望の色および粘稠度に到達したら、着色ニスを柔らかい毛のブラシでできるだけ薄く塗布し、機器を日光で乾燥させます。このコートが完全に乾燥していて、色が所望の濃度に達していない場合、別のコートを注意深くそして均一に塗布しそして乾燥します。 所望の色深度に達したら、着色層を保護するために、最終的な無着色コートを塗布することができます。保護コートが完全に乾いたら、必要に応じて研磨したり、滑らかにしたりすることもできます。この場合も、深く切り込みすぎて下層を乱さないように注意します。優れた結果を得るために必要なのは、4層以下のシーラーと着色ニスで、これは薄い層で表されます。
再度特徴と一般的な観察
透明顔料は、他の媒体よりもオイルニスと混合すると、より豊かで透明になります。
顔料は、その粒子を囲むニスの量に影響されます。私たちがニスと見ているのは、ニスと顔料の複合効果です。濃い金色のニスは、色合いに暖かい外観を与えます。所与の顔料に対してニスの完全な影響が達成されたとき、それ以上ニスを添加してもそれが増加することはないでしょう。ニスと顔料のさまざまな層も光学的に相互作用して一定の結果を生み出します。それらの色付きフィルムは、イタリアの芸術家には "sfmato"(スフマート:註28)として知られているか、または溶けていました。オイルニスは、色合いが暖かくなるにつれて、年齢とともに暗くなります。 このプロセスは、低湿および高湿度の湿度で最も急速に発生します。濃い琥珀色のニスは、柔らかい樹脂でできているニスよりもはるかに暗くなります。黄色と暗色のクルミ油で作られたニスは、亜麻仁油で構成されたものよりも少なく、色が濃いプレボディと日焼けの多いオイルです。油、樹脂および顔料が注意深く選択されそして製造されるならば、すりガラス、焼きミ明礬または追加の乾燥機の添加は必要ではありません。シンナーとしての非増粘亜麻仁油の添加は、乾燥時間を幾分遅くするでしょうが、フィルムの耐久性を損ないません。エッセンシャルオイルでニスを薄くしすぎると、乾燥プロセスが加速され、耐久性のためにそれらの操作が容易になり、そして非常に控えめに使用されるべきです。古代の作家の作品によって記述された何世紀にもわたる証明された材料と技術への付着は彼らの使用と理解から得られる満足と信頼性を増すでしょう。
(註28:スフマート レオナルド・ダヴィンチの絵画手法。ニスの場合何を指すのかは不明です。)
一応ここでこのClassica Italian Violin Varnishの技術的な本文は完結しています。この後にリファレンスとして、参考文献とその流れが38ページわたって記載されています。