So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 32

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 32
カラー研削
図XIXを参照
ニスを塗るために色を調整するために、それを完全に湿らせるのにちょうど十分な精製亜麻仁油と共にすりガラスのすり棒の上に少量の所望の顔料を置きます。ニスは顔料と直接混合されてもよいが、粘稠度を高くすると粉砕操作をはるかに面倒にします。8の字の動きを使用して、ガラスミューラーですり棒の上に顔料と少量のオイルを挽きます。必要ならばさらに油を加え、指でこすったときに少量の顔料が粒状感または質感の徴候を示さなくなるまで粉砕を続けます。これが達成されると、粉砕された顔料は貯蔵されるかまたはニスと混合されています。
54.jpg
ニス塗布
図XXを参照
シーラー塗布
ニスの厚いシーラーコートの適用はAemeniniによって推奨されるようにリネンで包まれた綿のパッドまたはボール、またはCenniniによって記述されるように硬い豚毛ブラシで行われます。この最初のコートを広げることは、太陽の中でヴァイオリンとニスの両方を温めることによって助けられるかもしれません。非常に薄い、均一な層が楽器の上に広がっているとき、それは乾燥するために太陽の直射日光にさらされています。この最初のシーラーコートが完全に乾いた後、オリーブ油または水に浸した板と「トリポリ」として知られている非常に細かい軽石または粉末のイカの骨で滑らかにすることができます。薄いニスの層から下の木地まで切らないようにする必要があります。この最初のなめらかさの後に、別のコートが再びパッドかブラシで塗られて、そして太陽の下で乾燥されます。必要ならば、この層はまた湿らせたパッドと上質の研磨剤で滑らかにされます。その後機器を拭いて、油性残留物を取り除きます。 滑らかで均一なシーラーコートが達成されたとき、カラーグレーズコートが適用できます。
56.jpg