So-net無料ブログ作成

アルコールニスの光退色性について。

アルコールニスの光退色性について。
現在までの光退色の傾向としてガンボジは良いが、クルクマは良くないという結果があるのはご存知だと思います。ガンボジは毒性があるため、EUからの輸入は禁止となりました。(説明には完全に輸入できないわけではなく、高い代金を払うと許可されるそうです。欧州はそういう「抜け道にお金で解決する」悪い慣習があります。これは事実です。)
というわけで、私はダイオウという漢方でも胃腸薬に使用するルバーブの一種の根を使用したいと思います。既にインプリミチュラ・ドラチュラでは使用しています。
現在は合成染料を使用しています。合成でも光退色はしますので調査試験を行いました。
1.蛍光を発する黄色染料は皮革染め用とクルクマの二つがある。
2.クルクマは光で退色し白くなるが蛍光は発している。たぶん分子の一部が変化したためと思われる。
3.ガンボジとダイオウは問題なし。現在使用している合成染料も問題なしであった。
ダイオウの欠点は大量に使用しないと、黄色の染料として使用できないため、濃縮の時間的コストがかかることです。
dye uv test2019.jpg