So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 14

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 14
処方ではアルコールとエッセンシャルオイルニスを好みますが、17世紀後半の間にG.B.Volpato(註19)によってそのオイルニスが店で売られていることが再び確認されています。彼は、次のように語っています「ニスは種類が違います。自分たちで作るべきものもです。」これらのニスは、ほとんどまたはまったく変更されずに次の世紀に持ち越されました。
18世紀の間に書かれた文献の大部分は、以前に引用された作家の多くに基づく複合作品です。早い時期から、日さらし精製された油は、その新鮮な状態の油よりも耐久性が高いことが分かりました。これらの油と樹脂との混合物(これは初期のイタリアの文献ではまれであり、ドイツから導入されたと考えられています。)は、レオナルド・ダ・ヴィンチの時代に採用されました。この目的のために最も高く評価されている樹脂は琥珀でしたが、その製造には困難を伴うその価格および時々の供給の欠如により、ベンダーは時々サンダラック樹脂を代替するようにしました。
どちらもイタリアでは「液体ニス」として知られていました。 琥珀の組成は「異邦の」または「最上」と記されていました。
 時間の経過とともに、グリークピッチは、(その低コストのために)光沢、製造の増量に、液体ニスを修正するために使用され、そして最終的に油と混合されたとき、薬局によって販売される「一般的な木材用ニス」の基礎となりました。
ニスをレーキ顔料と混合したときの乾燥を助けるために、マスティックをこの組成物に加えました これらのニスでさえ、その濃い赤色と濃い色合いのために、琥珀ニスとして表現されていました。
信頼できる材料を使用することで信頼性が保証されるまで、レーキ顔料とニスは共進化しました。取引がより専門的になるにつれて、着色顔料を作成する仕事は「顔料を使用する」手製の顔料の技術になりました。 カラーベンダーはイタリアでは今日「Mesticheria」(註20)として知られています。
顔料着色剤の普及に伴い、顔料製造の改良が起こり、その結果、レーキ色の透明性が増し、バッチごとに均一性が増し、そして輝きが増しました。古典的なマスター期間中に使用される顔料の範囲はやや限られたままでした。
疑わしい材料を使用することで耐久性が不足する危険を冒すのではなく、できる限り完璧に仕上げられたものとして通常の種類のものを入手することをお勧めします。伝統が基準を提供した。実際には、実際のニスで使用したときに信頼できる色が何であるかが示されていました。
材料をより耐久性にするための手順の多くは、この時代を超えて実践されていませんでした。材料に目新しさはありませんでした。信頼性の高い樹脂、オイル、顔料はすぐに標準化され、そのまま利用できるようになりました。ギルド顔料はまもなく標準となり、それ自体は容易に入手可能でした。ギルドシステムは特定の練習のために設計されたこれらの専門的で洗練された商品の使用と販売を促進しました。
(註19)Giovanni Volpato, イタリアの彫刻家 (1735-1803)
(註20)メスティケリーア、塗料屋.