So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 11

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 11
彼の美術研究期間の後、デメイヤーン(註14)はパリへ行き、そこで彼はヘンリー4世の王家医になりました。彼の芸術研究の期間の後、彼はヘンリー四世への王室の医者になりました、そこでパリに行きました。
ヘンリー4世の暗殺後、彼は1611年にイングランドに引っ越しました。彼はジェームズ1世の最初の医師でした、そして後でチャールズ1世と彼の女王に仕えました。彼の職業上の経歴は途方もない成功で、彼を非常に裕福にしました。
彼は王立医科大学の仲間となり、そこで薬剤師名誉協会(註15)を設立するのを助けました。 Theodore Turquet de Mayerneは1655年3月16日に亡くなり、セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ(註16)に埋葬されました。
芸術の素材や技法を学んでいる間(1597-1611)、彼は弦楽器の芸術に関する以下のニスの処方を観察し記録しました。P.43へ
「リュートとヴィオールの真のニス:何も細工していないポットを取ってください。 木炭でできた中程度の火の上に置いてください。鉄片でかき混ぜます。それはロジンに似た暗い塊に溶けます。それがすべて溶けるので、それを紙または大理石の石の上に注いでください。」
「油から脂肪を取り除くために:非常に純粋な亜麻仁油を取って、磨かれた鍋に入れて火にかけます。よく沸かして沸騰させます。スカムを取り除くには、ガチョウまたは鶏の羽を使います 羽毛がそれを浸して燃えるならば、脂肪は取り除かれていません。それがもはや羽毛の先端を燃えなくなるまで沸騰させ続けてください。それをリネンを通してそれを濾過してください。」
(註14)Theodore Turquet de Mayerneセオドア・ターケット・デ・メイヤーン
仏語でド・マイエルンとよばれますが最終的には英国人です。
(註15)The Worshipful Society of Apothecaries薬剤師名誉協会
(註16)St Martin-in-the-Fieldsセント・マーティン・イン・ザ・フィールズ、トラファルガー広場の北東、イングランド国教会の教会