So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 6

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 6
また、使い方に関して、彼は埃について風の強い天候を避けるように言い、家畜の豚からの白い剛毛から作られた硬いブラシと、リスの尾から作られた柔らかいブラシで草原で、または海で使用することを勧めました。
このニスの乾燥特性を尊重して、Cenniniは、「あなたが太陽なしでニスを乾燥させたいのなら、そもそもそれをよく加熱しなさい」と言いました。
彼の指示する油を沸騰させる方法は、「火が開口部から出ないように丸い口径の小さな炉を調達しなさい。家を燃やす危険があります。 炉の準備が整ったら、適度な火を入れてください。油がゆっくり沸騰するように火を調節します。」
また、「適度な量の(ライム)石灰を油に入れて、時々すくい取りながら沸かします。頻繁にかき混ぜながら、1ヶ月以上太陽の下に置いてください。
石灰を沸騰油に添加することは、油の反応性を低下させることによって顔料の耐久性を保証するのに役立ち、不純物の沈殿を助けることを知っています。油を火で加熱せずに日光で製造する方法も教えています。日に晒すことによって良いそして完璧な油を製造する方法。」それは半分に減るまで獅子座期(7月23日-8月22日)の太陽の下で、そしてフィレンツェでは、それが手に入る最高の品質であることが知られています。」
顔料に関しては、Cenniniは明礬および灰汁アルカリ液と組み合わせてブラジルウッド(フェルナンブーコ)を使用するための方法を教えています。彼はまた、アルツィア、ウェルドレーキ(註9)がフィレンツェで使われていることを説明しています、そして色の処方は修道士から入手できるかもしれませんが、薬局からそれらを用意して買うのが良いです。また、注目に値するのは、Cennini氏が「リュートの補修」に使用する魚膠と、「リュートの作成」に使用する山羊膠の処方です。
古代および中世の作家、そして引用された処方から、クルミ油が慎重に加工されて、1世紀の早い時期にニスとして使われたことがわかります。 亜麻仁油の乾燥特性は、7世紀までに認められました。
この間、様々な樹脂がニスの処方に現れ始め、融かして油と結合させました。13世紀の初めに、クルミ油と亜麻仁油が、樹脂のアンバーとサンダラックと共に定着しました。
より柔らかい樹脂がこの時代のニス処方の成分としてめったに言及されませんでした。 植物性着色剤から作られた着色された釉薬、そしてニスと混合された新しく導入された透明なレーキ顔料の使用によってもたらされた創造的な可能性は、美術品を豊かにするために使用されました。
レーキ顔料に色を提供する染料は、暖かい透明な赤色を与えるケルメス、ガムラック、およびブラジルウッド、そして黄色を作るために使用されるウェルドの抽出物。布、彼らは耐久性や透明性で染料のものから直接作られたものと比較することができませんでした
亜麻仁油またはクルミ油、アンバー、サンダラック、またはグリーク・ピッチからなる液体ニスと一緒に顔料が製造され、薬局で販売されました 耐久性と色との相溶性を見据えて、油の製造に特に注意が払われています。信頼性があり、この資料の間にその日が要求したものでした。 油絵が採用され、この期間中にルネサンスの後に一般的に芸術が上昇し始めました。
(註9)Receda Lake リセダレーキはStil de grainと同様の黄色のレーキですが。やや明るい色を持ってます。