So-net無料ブログ作成

シャノーの逆スクロール

シャノーの逆スクロール
Yさんのチェンバロ製作工房にシャノー(Chanot)型のヴァイオリンを見つけました。シャノーは1820年頃までに、角のないギター型やエンドピンからテールピースをギター型ブリッジに付け替えた作品を残している。C字孔や実験的ヴァイオリンが特徴だが、中国製でコピーされて回っている楽器が多いと聞きます。
中でも「逆スクロール」ですが。やってはいけない改造にも見えますが、この方が音は良いということです。楽器の表面を流れる音の波はスクロールを伝わり、渦巻きの突端から放出されます。突端の突起形状も音を左右します。逆に今のノーマル楽器のスクロールは何故上を向いているのか、スクロールを逆にしてまでスクロールにこだわるのは何故か。疑問は尽きませんが、「音が良い」とはどういうことかになると思います。位相のズレだけは物理的に実際の音と理論が一致します。従ってゴム弾性の排除とニスの質については指針が明確です。「良い音とは結局聴く人の好み」になると主張するのは、何も音について感受性も何も無いことを意味しています。楽器とは「良い音」を目指して作っているわけですから、せめて自分の作った作品の優劣は決めておきたいとは思います。確かに世界のクラシック基準でストラディバリウスが良いとされているのですが、スタンウェイのピアノはどうなのかと言われると、私はあまりにも「良い悪い」の噂と信じ込みからズレた話しになると思っています。それしかなければそれを聴いた感想しかないわけです。実験的な楽器はそのためにあるようなものです。実験的ヴァイオリンはことのほか多く、サバールの台形ヴァイオリンをはじめ、胴のないものガラス製、皮製、バンジョー型といろいろあります。
v1.jpg

古典ピアノのコンサートへ行ってきました。

チェンバロ製作者のYさんの工房へ、古典ピアノのコンサートへ行ってきました。
ピアノは19世紀からのクラシックピアノが修復の途中でした。WILH. STEINBERGの古いピアノはグランド型ですが、音は私はあまり好きではありません。現代のものに近い感じです。今回修復途中のドイツ製1920年の楽器を聴きました。修復は調律師でもあるTさんと二人で行ったそうですが、かなり大変そうでした。中音から高音は3弦でタイトにチューニングされています。低音は2弦です。ピアニストが弾き出すと「花のワルツ」 やハイドンなど自分の知っている曲でこの楽器の特異性が分かります。中音域の和音は明らかに「平均律」で調弦されていて3つの弦はほとんど同じピッチで調弦されています。しかし高音域のメロディは明らかにいい意味での「違和感」があります。普通で無い響きです。もちろんウレタン塗装の現代ピアノではないので、音の解像度はとても良いと思います。音も明るいのですが飛び抜けて聞こえる理由を、調律したTさんに聴きました。この方は日本でも数少ない古典楽器を調律できる方です。理由は中音は平均律でそれより上にいく高音で、純正調的に調律をずらしているということです。もっとも完全に純正調「ピタゴラス」調律ではオクターブでうねりが出るはずですが、そうしないところが技術だそうです。
この技術ははっきり言って私にはどういう手法かは理解できません。中音と高音で周波数を割りきれないようにしていることは確かです。鍵盤楽器で単音か複数音源を同一音に調弦する楽器と、笛、フレットのある弦楽器だけに関わる問題ですが、ヴァイオリンの場合はフレットレスでビブラートかけますからこのややこしく繊細な問題はありません。
piano04.jpg
piano03.jpg
piano01.jpg

オイルヴァーニッシュの塗装方法(エレキギター編その2)

オイルヴァーニッシュの塗装方法(エレキギター編その2)
7.裏板、横板も順に塗装してブラックライトで硬化させます。
TLpaint7.jpg
8.気候の良いときは日干しで日光硬化できます。夏の炎天下は避けてください。
TLpaintg10.jpg
9.着色はコロホニウム・レッドブラウンで行います。この塗料は赤紫ですが、下地がコロホニウムライトブラウンまたはダークブラウンの場合には、紫ではなくオレンジまたは赤くなります。
TLpaint11.jpg
10.指でのばしてスポンジで均していきます。
TLpaint9.jpg
11.一回塗装はこのようになります。赤くしたいときはさらに重ね塗りをします。
TLpaint12.jpg
12.紫外線硬化はブラックライトで数時間して均一にあたるようにします。
20Wブラックライトを標準としますが、日光でも日差しの強いときはブラックライトより短時間で硬化します。
TLpaint6.jpg
13.レッドブラウン2回目塗装
レッドブラウンはムラにならないように、テレピン油で薄めて刷毛で塗布していきます。また半乾きの状態でスポンジでならしてムラを取ります。
TLpaint14.jpg
14.最後はヴァイオリンヴァーニッシュ・ピュアアンバーをトップに塗装して、パーツを取り付けます。
ピュアアンバー塗装は堅く後でパーツを取り外しても剥がれることがありません。
TLpaintg15.jpg
15.最後はトリポリ粉末で研磨してバフをかけて、一週間放置した後再び磨きます。
TLpaintg16.jpg


オイルヴァーニッシュの塗装方法(エレキギター編その1)

オイルヴァーニッシュの塗装方法(エレキギター編その1)
アコースティックギターについては既に、シェラック塗装とアルコールニスの塗装が常套的に行われていますので、ここではエレキギターのオイルニス塗装について、解説します。
実際のところエレキギターのオイルニス塗装は見たことも聞いたこともありません。
ヴァイオリン・ヴァーニッシュ・コロホニウムつまりはストラディヴァリと同じ方法でのオイルニス塗装となります。簡単な発想の簡単な作業ですが、これはたぶん世の中に例がありません。アルコールニスより塗膜が強固に仕上がるので、実用的だと思います。
1.最初に、にかわ水5%溶液を作り、塗布してすぐ拭き取ります。これを2回行います。
乾燥後、研磨します。
TLpaint1.jpg
にかわ水は冷えるとゴム状になります。加熱するとすぐに液化します。塗布すると木材表面が荒れますので、乾燥してからまた研磨してください。
2.コロホニウム・グンドシーラーを塗布します。
グランドシーラーは硅酸カルシウムの粉を練り込んだもので、多孔質のパミスよりは塗りやすく、使い易い材料です。乾燥を数時間行い、テレピン油を揮発させて紫外線硬化させます。この後また軽く研磨します。
TLpaint2.jpg
3.硬めのスポンジで延ばすと、綺麗に塗装できます。
TLpaint3.jpg
4.テレピン油を揮発させるのに4-6時間放置してから、ブラックライトで硬化させます。
硬化は12時間程度です。
TLpaint4.jpg
5.コロホニウム・ライトブラウンを指で塗装しています。この後硬めのスポンジで均していきます。塗装は指かスポンジで行いますが、テレピン油で希釈して刷毛塗装でもできます。テレピン油が揮発してきたら、スポンジで表面を均していくと均一に塗装できます。数時間の乾燥の後で、紫外線硬化させます。12時間ぐらいかかりますが、時間を短縮するにはシッカチフ添加で対応します。
TLpaint5.jpg
6.下地塗装ができあがりました。またブラックライトで硬化します。
TLpaint13.jpg


送料の改定について。

2019年4月4日
送料の改定について。
弊社はヤマト運輸と郵便局のゆうパックを輸送として利用していますが、昨年の送料改定で値上がりし、税抜きの送料で提示してきましたが、4月より税込みの送料に改定しました。
また、ゆうちょ銀行お振り込みの手数料も変更となりました。
ATM 80円は150円、窓口 120円は200円になりました。これは弊社負担となりますので、製品価格の方を一部改訂して対応いたします。
「消費税」の記載がないことをご指摘されますが、弊社は現在「免税事業所」扱いとなっています。ご了承ください。
ガンボジは毒性のため欧州(EC)からの輸入は禁止となりました。ガンボジの毒性のデーターというものはありません。ネットで流通している値はラット経口毒性値を人に換算したもので、弊社の記載を引用したものです。実際にはもっと毒性は高いと思われます。
従ってガンボジの販売は中止いたしました。