So-net無料ブログ作成

古典的アルコールの蒸留について

古典的アルコールの蒸留について
16世紀以前にスピリットニスがあったかどうかですが、処方としては記録があります。
問題はアルコール=スピリッツ=エタノールが作れたかどうかにあります。その意味で前の文献を紹介したのですが、作れなかったようです。
シェラックが現れるのは17世紀からです。それ以前に、例えば正倉院の中に工芸品の予備パーツとして残された品々にスティックラックがあるらしいです。実際に見たわけではなく調査関係者から聞いた話しです。しかしこれはシェラックとして使用せず、色素「ラック色素」で赤を必要としていたからです。
ヨーロッパでシェラック(ゴマラッカGomma Lacca)をアルコール塗料として使用するには、純度の高いアルコール蒸留技術が必要でした。焼酎、ブランデー(蒸留ワイン、ワインスピリッツ)の普通な装置、一段蒸留では40%程度のアルコール濃度が限界です。これを再再蒸留して60%程度にするわけです。「El Grecoが使用しているニスの作り方 」に出てくる"Agua ardens""Agoa"(燃える水)は70%までアルコール濃度わ高くする技術のことを意味します。このぐらいの濃度では常温で火が付きますし、サンダラックなどの樹脂は溶解します。しかしシェラックは溶解しません。たぶん90%は必要です。
消毒用エタノールは76.9-81.4vol%(薬局方)ですので、命の水は75程度までは段階式蒸留で作れたと思います。
1.何回か蒸留を繰り返す。
2.連続式に蒸留を繰り返す多段式で一つの装置にする。
3、装置的に精密蒸留装置を作る。
この装置の進化で蒸留の限度は96%まで上がりました。こうなると、シェラックでもマスティックでも自在に溶けます。
何故、エタノールと水が簡単に純粋に分離できないかは、親和性、結合力の問題です。水素結合で親和力があり結びつきが簡単に切れないからです。
これは非極性の石油類ですと、楽に蒸留温度を決めて精密蒸留できるようになります。
ストラスブルグ・テレピンや古典式ヴェネチアテレピン、オリオ・ダヴェッソの作り方の本はあるのですが、アーカイブはありません。高い価格でオークションに出ています。
しかし製法としてはテレピンを酸化重合するか、二重結合のポリマリゼイションで作るしかないのですから、空気を長時間通すか、加熱重合するという方法で作れます。これらは絵画で使用しますが、ヴァイオリンニスとしてはあまり重要ではありません。
ヴァイオリン以前の弦楽器の塗装は、アルコールニスではないということだけは云えると思います。
20190315.jpg

El Grecoが使用しているニスの作り方(4)

El Grecoが使用しているニスの作り方(4)
さらなる再構成
この最初のアプローチの結果を評価するために、私たちは調査を可能な限り完全に拡張して、フランス、イタリア、スペインの情報源から、絵画やニス塗りに関する論文、そして秘密書やテクニカルライティングの本へと広げました。1557- 1773。検索は、El Grecoに起因する特定の種類のニス​​に焦点を当てています。オレオレジンと樹脂で構成され、油絵を明確に意図したワインの精神に基づいています。最終的に、パドヴァン文書からの処方に加えて、我々はこれらの3つの基準を満たす6つの異なるレシピを見つけました(表1のそれらの成分と割合を見てください)。
これらの再構成されたニスは、光沢、コーティング、そして自然な色の点で我々の最初のテストと非常に似ていることが証明されました。Borghiniのスピリットニスの外観は、マスティックとヴェネツィアテレピンを使用していますが(Talensから明確な種類を選択しています)、参照結果(パドヴァン文書の成分比)と同じです。1720年にBonanniによって指摘された2つのニスは、私たちの最初の参考文献と変わりませんでしたが、1764年にGuidottiによって記録されたより少ない割合のオレオレジンを使用するニスはそれより着色が少ないものでした。
Pachecoの処方は明らかに注目に値します。彼は1611年に出会ったEl Grecoよりも約20歳若かった彼の死後に出版された彼の本は、おそらく彼の活動の期間(1590-1638)からの習慣を反映しており、それはトレドの主人のそれとかなり重なった。彼の処方では、ベンゾインはサンダラックの代わりになり、私たちは彼の"trementina de veta blanca"を表すために明確なチロルターペンタイン(上述)を選びました。
その結果、グレイ色がかった色調に近い色相で、我々の参照試験と同等のコーティングおよび着色が得られました。
Domenico Audaの秘密の概説に登場するニスが唯一のより明るいニスです。これの2つの層は他の1つの層と視覚的に同等です。彼は他の場所に助言しながら絵画のための他の通常のエッセンシャルオイルニスの使用について、これは「ほんの数人しか知らない」と述べ、「あたかも新しいものであるかのように」古い絵を復元することができると述べています。この用途では、ニスを塗り重ねることで、古いニスの上に新しいライトニスを吹き付けると、時間の経過とともに失われていた透明度が回復し、それによって絵画の外観が向上します(少なくとも一定期間)。アルコールはこのプロセスに特に効率的であり、これはこの配合におけるそのより高い割合を説明することができます。
これらの比較をするために、私達はパドヴァン文書で与えられる量に基づいて私達の参照ニスを新たにしなければならなかった。私たちの最初のサンプルは、制作から写真のドキュメンテーションまでに約9ヶ月が経過したという単純な理由からもはや適切ではなく)、スタジオに間接日光の下で保管されていました。この短期間で驚くべき顕著な黄変がありました。
結論
特に、Borghini、パドヴァン文書、Pachecoなど、再構築されたニスの間には高いレベルの美的類似性が見られました。それゆえ、彼の絵は筆跡の質感を滑らかにし、光沢のある輝きを持ち、わずかに黄色がかった黄色を帯びたこの種のニスを最も確実に特徴としていたと考えることができます。
その成分の急速な黄変はもっと深く考えられるに値します。
Mark Leonardが最初のニスの主題について書いているように、これらの特性は、絵画がどのように作られたかだけでなく、「そしてもっと重要なことに、それらがどのように現れたか」私達の理解にとって不可欠です。
これらの発見の結果として、それは現代の保全の実践において一般的である様々な基準に疑問を投げかけることに関連があるように思われる。これらは、黄ばみのない無色の樹脂の使用を促進し、塗料のレリーフをできるだけ少なくコーティングするためにニスの最も薄い層を推奨します。
アーティストの意図彼らはまた、ほとんどの場合、半つや消し仕上げを優先しています。
レスリーカーライル - その伝統的なマスチックニスの再構成は画家が彼らの非常に急速な黄変を日常的に認めたにちがいないことを述べたように、この事実は「過去の絵画の見え方に関して重要であるだけではありません。Alison Clarkeによるフランス語からの翻訳
謝辞
Antonio Joao Cruz教授の励ましと、17世紀のポルトガル語の処方を翻訳してくださったアドバイスに感謝します。 Alison Clarkeに感謝します。
彼女の忍耐力と才能、そしてPaul Taylor(Warburg Institute)と一緒に彼の読み、批評、提案をしてくれました。


El Grecoが使用しているニスの作り方(3)

El Grecoが使用しているニスの作り方(3)
“Agua ardente”
Agua ardens(燃える水)は蒸留酒に使われる中世の用語で、スペイン語とポルトガル語で維持されていました。"Aqua vitae"命の水は14世紀の初めに医学の文脈で現れ、その表現はイタリアとフランスで広まりました。40%または50%のアルコールを含有するブランデーは、14世紀にすでに広く生産されました。多段の蒸留塔、ある場合には酒石酸塩を使用して60-80%のアルコールを含有するより強い酒を製造できました。
Peregoによると、これは1800年に一般的に利用可能な最高のアルコール強度でした。 
この処方では、溶媒についていくつかの注意点があります。古い処方が詳細を提供する限り、それは油絵に使用されるように設計されたニスにはめったに現れません。これはおそらく、まだ新鮮なときに、油に対するアルコールの浸透性および溶解性による可能性があります。Watinは、ワインスピリットニスは荒れを引き起こしているので、絵画には向かないと警告しています。
特に、(オブジェクトだけでなく)絵画用に明示的に設計されている数少ないアルコールニスには、ほとんど常にオレオレジンが含まれています。この規則に対する2つのまれな例外がPachecoとPalominoに見られます。実際のところ、Pachecoは"agua ardiente"について頻繁に言及しています。強い溶剤が必要でない場合はマスチックの溶解を示唆しています。アルコールによるこの支配を考えるとき、それが実際にスペインの学校に特有であったかもしれないことを提案するのは魅力的です。
ここで、いずれにせよ、アルコールはサンダラックを溶解するために必要とされます。 油はさておき、これが効果的に使用されている可能性がある唯一の伝統的な溶媒ではありませんでした。スパイクラベンダーのエッセンシャルオイル、これは現代のほとんどの解説者によって言及されていませんが水浴中で15分後に溶解を完了します。当時のアルコールよりもはるかに簡単かつ完全に。しかしそれは明らかにそれほど広く利用されておらず、より高価であり、そして時には不正に汚染されていました。サンダラックを溶かす試みはテストとして使用することができます。de Mayerneによって指摘されるように、それがよく溶けないようなら、これはスパイクラベンダー油が純粋ではなく、普通のテレピン油が混ぜられたたことを意味します。私たちの実験が確認したようにWatin氏はサンダラックは「弱いアルコールには溶けない、直火や強いアルコール中では溶解する」と述べています。
それゆえ、私たちの処方の中の用語"agoa ardente"は、かつてはあまりない方法として知られていた、最大量の水を除去するために数回再蒸留されたアルコールを指します。これはパドヴァン写本の表現"sflematt" を説明します。これらの連続加熱蒸留はアルメニーニArmenini「3つの命の水」やパチェコPacheco(7つの縫い目の燃える水」のように呼ばれていました。
私達は添加物を含まない90%薬用アルコール(Laboratoire Cooper製薬会社から)から始めました。最初の2つのテストでは、1つの部分を蒸留水を添加して約60%に希釈しました(Gay-Lussacアルコール希釈表の測定値に基づく)。 他の部分は、続く試験のために約75%に希釈しました。
註)"Água"  "agoa"水 スペイン、ポルトガル地域の方言を調べてもAgoaはありません。推測です。 sflematt 消す
最初の再現テスト
これらの最初の実験は、Paduan文書に示されている量に基づいていました。7オンスの"acquevita sflemattissima" 強いブランデー。サンダラック1オンス。Due abiezzo(oglio d'abiezzo)1オンス。興味深いことに、2つのレシピはどちらも紙用のニスの使用を強調していますが、他の同等の処方(以下で説明します)はそうではありません。パドゥワン文書からの処方は“per pitture e carte alla Fiaminga”「フィアミンガの絵画と地図のために」と題されています。グレコの処方は「主に紙のために」とされています。
制御性と安全性の両方から、ウォーターバスを使用してサンプルを加熱することを選択しました。ガラス容器をスクリューキヤップで密封しました。
第1の試験:容器を水浴に入れる前に、粉末に粉砕したサンダラック8gを約60%のアルコール30gと混合しました。かなり早く、大部分の樹脂は、粘り気のある、白っぽい黄色の塊にまとまりました。これは糸状に引き出される可能性があるが液化することは不可能でした。アルコールは浮かび、かろうじて着色されました。
2番目のテスト:Tratado処方は"graxa enteira"「脂肪」を要求していたので、すべてのサンダラック粒を使ってテストを繰り返しました。
註)due abiezzo(oglio d'abiezzo)オイリオ・ダベッソ=ヴェネチアテレピンのような液体バルサム。メリフィールドのマルチアナマニュスクリプトに出てきます。
溶解ははるかに改善されましたが、はるかにゆっくりとそして徐々に起こりました。1時間後、部分的な溶解のみが達成され、一定量の残渣が容器の底に付着したままになりました。第3の試験:全サンダラック8gおよび約75%(30g)のアルコールスピリットを含む密封容器を水浴中に置きました。約5分毎に短時間撹拌した。溶解はそれほど急速ではありませんが、均一でした。それは後に完結しました。45分後混合物はやや曇っていました。我々が調べたところ、これはサンダラックの微量で軽い成分が溶解するのではなく分散していたためであることが明らかになりました。それを液化するために以前に温めたストラスブールターペンタイン8gが加えられたとき、それは最終的にオレオレジンに溶けました。得られたニスは、淡い乳白色の黄色の液体エマルジョン状態でした。しかしながら、この濁りにもかかわらず、ニスは一旦表面にブラシをかけられそして乾燥させられると、容易に完全に透明になりました。
備考
処方の指示のいくつかは私たちのテストによって確認されました。まず第一に、サンダラックは、粉末ではなく塊を使用したときに、よりよく溶解しました。上記で引用された比較可能な処方のほとんどは、樹脂を粉末にする必要があり、これは約75%でスピリットに適していることが証明されましたが、約60%でスピリットに対して不完全な溶解を促進するように思われます。結果としてパドヴァン文書は、フラスコ底部の未溶解物質からそれを分離するためにニスを移すことを要求しているが、これはここでは必要ではありませんでした。 El Grecoのレシピはそれゆえに実務経験とテストに基づいていたことで注目に値します。
第二に、処方は、物質が溶解されていない塊でくっつかないように、最も高い体積パーセントのアルコールを使用することを正しく推奨します。この観察は、75-80%のアルコールが16世紀の終わりまでに十分に利用可能であったことを示唆しています。
そのようなアルコールはde Mayerneによって[完全」として言及されています。伝統的なテストは最小量の水を含んでいて完全に燃焼するものを識別するためにアルコールに光を当てることから成りました。
私達が量を借りたパドヴァン文書によると、この処方を作ることは水のようなニスをもたらします。“falla bollire dolcemente al foco sino che tutto diventi acqua”「すべてが水になるまで火の中で穏やかに沸騰させる」しかし実際には、ストラスバーグのターペンタインはアルコールと部分的にしか混和せずワインスピリットもまた約25%の水を含み、それらの混合物はミルクコロイド懸濁液です。液体ですが、純粋な水よりは少ないです。結果として、この比較は狭い文字通りの意味で解釈することはできませんでしたが、その歴史的文脈で解釈されるべきです。
興味深いことに、Tratadoでも同じアナロジーが使用されています。“o uso delle he pondoo com o pincel, porque fiqua liquido como agoa”「それを使ったり、ブラシで置いたりします。アガロアのように液体をセットするから」です。何よりも、テキストは「筆または絵筆」での塗布を可能にするためのEl Grecoのニスの流動性を強調しています。水との相似は、伝統的な油性製剤とは対照的に理にかなっていますが、その中には粘性が高いため指や手のひらで広げる必要があるものもありました。
加熱すると(他の混合ニスの場合と同様に)混合物の均質性が増すので、実際にはそれがまだ暖かいときにニスを塗布するのが論理的であることは明らかである。
すべてのテキストに記載されているわけではないため、十分な知識があるかもしれません。 絵自体の温暖化も、パドヴァン文書にはありますが、Tratadoにはありません。 同様に、それはGuidottiによって推薦されますがBonanniによって推薦されませんでした。
ぬるま湯であるか冷却されているかにかかわらず、このニスはそれがかなり速く硬化するので自信を持って適用されなければなりません。 得られたニスは1時間後にはまだ触って乾くことはありませんでしたが、2時間後には十分に乾燥しました。その相対粘度および迅速な硬化のために、フィルムとして非常に薄い層を適用することは不可能でした。
流動的ではあるが、ニスは、筆の浮き彫りおよびキャンバスの質感を被覆するのに十分なボディを有し、そして光沢のある仕上げを有していました。その淡い黄色の色調は、最初の層が適用されたときに見え、2番目の層ではっきりしました。

El Grecoが使用しているニスの作り方(2)

El Grecoが使用しているニスの作り方(2)「ストラスブルグテレピンに纏わる話し。」
“トレメンティーナデベータ”テレピン。ポルトガル語の“tromentina de beta”スペイン語の "trementina de veta"に相当します。理論的にはシルバーフィア、アビエス・アルバから派生したバルサムを指しています。一般的にストラスブールターペンタインと呼ばれています。
場合によっては、画家の説明に微妙に異なる物質が示されている可能性があります。
例えば、Pachecoの"trementina de veta de Francia"は、特にVosges地域で抽出され、"Jura turpentine"として知られているトウヒ"Picea abies Karst"のことです。これらはバルサムに適用できたかもしれません。そして、"trementina de beta blanca"が、Armeniniによって引用されている"oglio d`abezzo chiaro"として頻繁に出ていることも排除できません。 そのような特に明確なバルサムは確かにイタリアのチロルで収穫されました。それは最近再導入されました。(現在は販売されていのせん)以前は 'd'abezzo'の名前で提供されていたかもしれないこの生産はカラマツからタップされたヴェネツィアの蛇紋岩のより色の少ないタイプです。El Grecoの処方はそれほど正確ではないので、私たちは古典的なストラスブールのターペンタインを使用します。
「グラクサ」
このポルトガル語の用語は、Philippe Nunesでも使用されていますPachecoのスペイン語の草に似ています、アンダルシア地方のトラクタドとPalominoのGrasilla :イタリア語のsandaracaに相当するすべての特定のヒスパノ語 - ポルトガル語の用語です。
スペインとポルトガル以外では、中世の時代にはこの樹脂は西洋ではvernixとして知られていました。この用語は19世紀まで植物学のテキストに登場しました。それは何世紀にもわたって様々な方法で解釈されてきたので、再構成の文脈では、この樹脂の正確な性質を突き止めることを試みることが重要です。
今日では、サンダラックは、アトラス山脈で特に一般的な、ヒノキ科の針葉樹Tetraclinis(初期thuya)articulata(Vahl。)Mast。によって浸出される樹脂として明確に識別されています。しかし、この由来は、18世紀の終わりまで知られ始めませんでした。この時点までは、遠隔地で栽培されていた木自体は、正しく区別も記述もされていませんでした。それはついに1791年にMartin Hendriksen Vahlによって分類されました。
エル・グレコの時代に戻ります。1570年と1614年 サンダラカは西部ではジュニパー樹脂であると考えられていました。この考えは主に薬局方の仕事を通して支持を得た:古代のDioscorides論文De Materia Medica についてのSienese医師Pietro Andrea Matthioliの解説または談話]、およびAndres Laguna によるスペイン語の解説、これらのよく知られた論文は、複数の、豊富に描かれた版を経て、画家のための可能な情報源でした。 例えば、パチェコは、ジュニパー樹脂として草を言及するとき Dioscorides、キャップ。 Sandaraca-vernixは、19世紀の初めまでさまざまな種類のジュニパーと関連付けられていました。 1827年"Dictionnaire des Sciences Naturelles"がついに混乱に決着をつけました。サンダラック樹脂は針葉樹family.riksen Vahlの木から抽出されました。
それは一般的なジュニパーによって作り出されたと長い間信じられていました。しかし、M。Desfontainesによって引用されたBroussonetの後の彼のFlora atlanticaでは、モロッコ王国で一般的な後者のthuya articulataによって製造され、輸入されています。
現代の科学文献はこれらのデータを2つの別々の方法で解釈しました。 EastlakeとMerrifield によると。古代の作家はまだ未知の木をジュニパーと混同しました。しかし、当時使用されていたサンダラック樹脂はそれにもかかわらずテトラクリニスの製品でした。この説明はDoerner Instituteの研究者達によって支持されており、彼らは少なくとも後の18世紀のニスが精査の下に研究されたことをこの後の植物学的起源を確認しました。これとは対照的に、他のコメンテーターは、古代の作家は、異なる植物性ジュニパー由来の様々な樹脂の歴史的使用を網羅するために単にサンダラカの総称を使用したと主張しました。
本稿と併せて実施した薬局方(原薬)テキストのvernix-sandaraca調査の歴史に関する完全な研究は、古代の作家の混乱を裏付けるものではありません。ここでは簡単な概要しか説明できません。
すでに述べたように、中世の文章では樹脂にvernix(またはbernix、bernice、bernize)という用語を使用していましたが、油に溶けたときには至るところに存在するvernice liquidaを構成していました。12世紀半ばには、偉大な翻訳者Gerard of Cremonaによって作成された同義語のリストによると、vernixはアラビア語のsandaros樹脂以外のものではなかった。その後、sandaraxに置き換えられたこの用語は、sandarac(h)aに変形されました。 
樹脂は「海を越えて育った木から」来たことがこの時までに知られていましたが、それはその果実、煙の燻蒸、および木油の使用でのみ注目されたジュニパーとは関係ありませんでした。 そのため、この樹脂は輸入されたもので、ヨーロッパ産のものではありません。
事実、ヨーロッパの医師によって言及されたvernix-sandaracaのためのすべての治療的適応症はアラブ薬局方から来ました、ラテン語に翻訳されるか、またはSchola Medica Salernitanaを通して伝えられました。 何人かのアラビアの作家は樹脂を一貫性と正確さで説明しましたが、彼らのどれもどの地元の木がその起源であるかについて述べませんでした。 画家によるその使用は西洋医師によって絶えず引用されていたが、彼らはニスとしてのその使用についても言及しなかった。 この後者の主張は、これらの内科医がマスティックのためにも他のためにもそのようなことを何も言わないので注目に値する。
ニスにも使用される樹脂。
実際には、16世紀の西側の作家はこの樹脂の植物起源を知らなかった。現代のコメンテーターは最初の版(1544、1548)でMatthioliの仕事を引用することに彼ら自身を限定しました、そして樹脂はまだ出版されました。詳細はよく彼がよく知らされていると仮定します。しかしながら、後の改訂版および拡張版は、医師が樹脂の根源ツリーを知らなかったことを理解するために研究する必要があります。1565年の彼の学術的ラテン語版で、Matthioliは、サンダラックは(一般的な)ジュニパーの代わりに、オキシセダー(Juniperus oxycedrus L.、またはウチワジュニパー)の樹脂であり得ると他の人に同意するために彼の前の声明に戻ります。「アラブ人のものはジュニパーのガムではなく、シャープシーダーと呼ばれるオキシセダーのものです。私はそのような意見に喜んで同意します、彼らの間でウチワジュニパーが大きいジュニパー以外の何者でもないと信じていない人はほとんどいないので、多くが2つを区別できないだろう。」ということです。
これは、質問が知識ではなく意見の問題であったことを示しています。当時はまだあいまいで古風な説明とリモートソースの信頼性に基づいていることが多かったです。
ジュニパーへのこの帰属は直接の知識からもラテン語に翻訳されたアラブ論文からも由来しなかったので、それは現地の専門用語の媒体を通して非公式に伝達されたにちがいない。
実際のところ、同じ用語ar'ar(راعرع)はアラビア世界では一般的なジュニパー、フェニキア人のジュニパー、ウチワサボテンのジュニパー、そしてTetraclinis articulata自体のために使われました。Tetraclinisはジュニパーではなく、この属に多少類似しているArarの木は、偶然にも後者の木の現代の国際的な英語の用語となっています。アラビアの植物学では、ar'arは主に数種類のジュニパーを指定していたので、この樹脂は、単純化された、あいまいな形の樹脂の下に広がっていたはずです。
ジュニパー。
Matthioliによって上述された「大きなジュニパー」は、事実上、Dioscorides とPliny によって言及された理論上の木です。ルネッサンス時代に必須の言及であったこれらの古代の作家は、本質的に2つのタイプのジュニパー、小と大の間で区別しました。しかしながら、それらは、これらが正確な種と相関することを可能にするのに十分な詳細を提供しなかった。小は一般的にと識別されます。
一般的なジュニパーおよびまたはオキシセダーとの関係があるが、「大ジュニパー」(「ジュニパーアーバー」と呼ばれることもある)のアイデンティティは、依然として推測の問題です。その結果、オキシセダーと不確定な「大きいジュニパー」は、ヨーロッパの論文のニスの起源として絶えず引用されている2本の木でした。
何世紀にもわたります。
それゆえ、16世紀には、原薬のテキストは、この輸入された物質の起源の明らかな無知を示しました。 これはヨーロッパの特定のJuniperusがこの時期にその樹脂のために体系的に利用されたであろうことを可能性が低くします。 一方、17世紀には、これらのテキストは予想されたほど正確さが向上しませんでした。 彼らが提供した情報はまだあいまいで不明瞭でした。その樹脂がめったに見られないと言われているウチワサボテンと同様に、彼らは文書化された説明なしで明確に定義されていないアフリカの大きなジュニパーを述べました。
Oxycedarから来るものは最高と見なされますが、それは非常にまれです。 私達は大きなジュニパーのものだけを持って来られます、そしてそれは非常に高いところまで成長して、そしてアフリカで非常に多数です。
Tetraclinis以外の木が、sandaracaという名前で輸入された北アフリカの樹脂を供給したことがありますか? 私たちの調査によると、唯一支持されている仮説は、アラビア人によって古くから古代人によって分類されたJuniperus oxycedrus L.からの潜在的な中東の収穫であるということです。
しかしながら、中世から現代まで、この潅木からの油の抽出についての広範な文書(また、洞窟として知られています。)でさえ、その樹脂が今までに使われたことを手がかりにします。 ニスがまだ確立されていないため。それは多分Plinyのセドリア樹脂であるかもしれませんが、いつどこでその収穫が行われることができたのか、またどのようにしてその慣行が19世紀の前夜に不透明になりそして歴史に失われたのかは明らかではありません。
現代のガスクロマトグラフ法と質量分析法を使って古代のニスのサンプルを分析し、混乱を払拭することができると期待されているかもしれません。逆説的に、しかし、彼らはそれを永続させるのに役立ちましました このようにして得られた結果は、その起源のファミリーをヒノキ科Cupressaceaeとして同定したが、これを属または種(テトラクリニス属Tetraclinis、様々な種類のジュニパー、ヒノキなど)に狭めることはできませんでした。この制限は、これらの異なる木のいくつか、特にジュニペラス Juniperusの様々な種が、サンダラカsandaracaの総称でニス用の樹脂を供給するために過去に使用されていたという考えを誤って支持するのに役立ちました。しかし、この考えは、保護の輪の中で頻繁に繰り返されていますが、これらの分析の不正確さに基づいており、それ自体の科学的信頼性はありません。それは引用された樹脂のいかなる研究によっても支持されずそしてそのような木が利用されたと思われる場所または時を説明しません。
ごく最近、Steigenbergerは新しい分析手順の使用によりTetraclinisの特徴的なマーカーを識別することができました。樹脂はに存在するヒドロキシとアセトキシ-サンダラコピマリン酸の独占的な存在によって特徴付けられます。大量にこの方法は、化学者のJohn Francis Viganiによって1701年にイギリスで受け取られた歴史的なsandaracaのサンプルが確かに証明されたことを証明するために使用されました。
Tetraclinis articulata樹脂、 この日付でも、16世紀と17世紀を通して、それは全会一致でジュニパーに帰されていたでしょう。
そのような混乱の歴史を確立してきた批判的なテキストによる研究と並んで、これらは問題に光を当てた唯一の科学的データをこれまで述べてきました。したがって、それらを参照点として採用し、El Grecoによって使用された可能性がある草 - サンダラカをTetraclinis(北アフリカ起源のLaverdureまたはSennelier、パリから供給)から抽出したものと見なします。


El Grecoが使用しているニスの作り方(1)

El Grecoが使用しているニスの作り方
ミシェル・ファーブル・フェリックス
芸術遺産の尊重尊重協会(ARIPA)、モンペリエ、フランス
要約
過去の芸術的技法の研究は、一般的な文脈で歴史的なニスを主に考慮してきました。しかし、知られている画家に起因する具体的なニスの習慣の問題は、すでに19世紀から20世紀の間、注目に値する研究を生み出しており、初期の芸術家のためにより大きな注目を集めるに値する。この点に関して、2010年に発行された17世紀のポルトガル語原稿の中の「El Grecoが使用するニスの処方」の発見は非常に興味深いものです。
本研究は処方をその歴史的文脈(c。1550-1650)の中に位置づけ、性質を論じています。
当時利用されていたかもしれないその成分の詳細、混乱して以来ずっと植物の起源を持っている「sandaraca」樹脂を含み、そして一連の実験的再構成を提案します。の結果は、厚さ、光沢、色に関して、エルグレコの美的選択への新たな洞察を示唆しており、彼の作品のニス塗りのための現代の保全の実践への反省を求めています。
前書き
Patrícia MonteiroとAntónio João Cruzによる、17世紀前半からの絵画に関する未発表の原稿の出版は、まれな出来事でした。コインブラ大学図書館の本の中に見つかったda Ordem de Cristoオルベ・デ・クリストの聖歌隊は、16世紀にイベリア半島で書かれた数少ない論文の中にあります。
芸術的な技法を具体的な詳細で概説した17世紀[2-4]。この「照明に関する短い論文」には、「Dominico Gregoが使用しているニスの製法」、つまりEl Greco(c.1541-1614)が含まれているという事実が今でもあります。これまで見過ごされてきたEl Grecoのテクニックの側面に新たな光を投げかけるこの発見は、トレドの理解にとって非常に重要なこと
マスターの審美的な選択、そしてそれゆえ彼の絵画がかつて見たことがあるかもしれない方法もあります。
Tratadoはポルトガル語で書かれています。
カスティーリャでの一節、そして4つの複合テキストです
異なる慣習(慣例により、これらの匿名の作者はC0からC3と呼ばれます)。詳細な歴史的分析を実行することによって、CruzとMonteiroは可能になりました
これらの介入が行われた年代順を再構築すること、これにより彼らは文書全体の起草を1618年から1640年(遅くとも1650年)の間に正確に示すことができましたが、彼らの調査は原稿に記載されている色の作成プロセスに費やされました。こでは、その最初のテストを紹介します。
ニスの処方El Greco処方を1550年から1650年の間の歴史的な資料に照らし合わせて作成する前に、一般的な概要から始めます。
それから処方の材料の性質について議論します。
最後に、その再構築のための最初のアプローチを提案します。
ニス処方の由来
一次および一次著者(C0)は、石油技術を扱う前のさまざまな照明プロセスの概要を示していますが、6人のニス処方を負っているのは著者C1です。(図1)。 6つのうちの最初のEl Grecoニスは、長さと実際的なガイダンスの両方において続くものとは異なります。詳細に検討する前に、他の5つの処方を最初に検討します。比較研究によると、これらは実際には画家に含まれる5つの処方の忠実なコピー、ジョバンニ・バッティスタ・アルメニーニの本 『デ・ヴェリ・プレセッティ』は1587年にRavennaで発表されたdella Pittura [6、pp.128-130]。成分、量、製造方法はアルメニーニと同じですが、
表現はよく似ています。論文は、各レシピの基本的な要素のみを提供するために、アーティストの文学スタイルを単純化しています。
スペイン語またはポルトガル語版のアルメニニのテキスト( 私たちが知っている) は入手できなかったので、その時、翻訳と翻案は作者C1自身によって行われたと結論付けることができます。
彼の唯一の真の革新は処方ごとにタイトルを発明することでした。それからこれは彼のニスについての知識に関して多くの質問を投げかけます。 例えば、イタリアのテキストがそのようなことを何も言わないとき、彼が石油に溶かされたストラスブールターペンタインの市を方になぜ「乾燥ニス」"verniz secante"のタイトルを使ったかは、はっきりしていません。
アルメニーニこれをコレッジョ、パルミジャニーノ、そしてロンバルディア中で使われている最後のニスとして説明しています。
したがって、特に釉薬を作成するときに、乾燥プロセスをスピードアップするために特定の色に追加するように設計された絵のニスではありませんでした。 それ自身では、ニスは特別な乾燥品質を持っていません:私たちの実験はそれがゆっくり乾くことを示しています、24時間が経過した後にやや粘着性を保ちます。
後で、2つのニスのタイトルはそれらが「テンペラを描いた作品のための」(“para envernizar cousas de tempara”"天使のようなクサス・デ・テンパラ)です。 この2つのワニスは細身で、アルコールに溶解した樹脂(一方はサンダラックとコロフォニー、もう一方はベンゾイン樹脂)のみで構成されているため、この特異性は興味深いものです。 そのような細身の混合物は卵テンペラの画家によって使用される伝統的な脂肪のニスとかなり対照的です:亜麻仁油に溶かされたサンダラックの有名なvernice liquidaです。アルメニニのリストには、これらはオイルやオレオレジンを含まない唯一の完全にスリムなニスです。 このようなニスは、以下で説明するように、16世紀と17世紀の論文ではめったに見られません。ただし、「テンペラ」という用語は、卵のテンペラ画の同義語として使用されているだけではなく、より広い意味で使用されていることもあります。
これら二つのニスの最初のものの場合、“for temperas”というフレーズの使用は、アルメニーニが指摘しているイタリア語のテキストの一節から由来しているのかもしれません。
このニスは、“è bona ancora su le tele à secco”「乾いたキャンバスにはまだいい」。しかしながら、これは解釈が容易ではありません。まず第一に、アルメニニが「乾式キャンバス上に」という奇妙な表現によって何を意味するのかを決定する必要があります。これは読者に彼の前の章に戻って言及します、これは、壁、パネル、キャンバスへのドライペイントの方法をカバーする前の章を参照しています。
他の場所では、Armeniniはこれを乾式法として言及しています。
絵画の3つの方法のうちの1つ、フレスコ画と油絵の技法ここで、彼は接着剤、アラビアガム、トラガカントゴムのバインダーあるいは様々な液体、そして特に卵テンペラのバインダーを使うテクニックとして分類しています。したがって、このカテゴリには、「最も完璧な油の方法」"perfetissima strada del’oglio"が時代の最も優れた現代の芸術家すべてに採用されるまでに使用されたすべての方法が含まれます。アルメニーニ氏によると、イタリアの質の高い画家が彼の論文の執筆時点で未だに引き受けるよう説得することができた唯一の作品は、特別な行事のための装飾的な作品(祭り、演劇、凱旋門など)でした。 これらは、画家の主と守護者を喜ばせるために素早く準備されずに素早く描かれるでしょう。
アルメニーニは、そのような作品は未成年の職人の責任であり、それゆえ彼の絵の芸術に関する本の範囲外であると結論しています。"tempera"という言葉を使うと、翻訳者は単にアルメニニの一文を翻字するのを避け、代わりにそのフレーズの意味を理解しようとしていることがわかります。 オイルテクニックとのコントラストを際立たせるために、テンペラはより広い意味で使われてきたようです。
論文の2番目の処方に関しては、与えられたこと、イタリア語のテキストには、具体的な提案はありません。
for temperaのタイトルの使用はもっぱら翻訳者の仕事でなければなりません。彼はどのような知識に基づいて描くことができましたか?
アルコールに溶解したベゾイン樹脂からなるこのニスは、その用途を概説したいくつかの原稿に特徴があります。 Marciana文書(1503-1527)では、パネル、カード、鉄の絵の上、そしてイルミネーションのためにtが3回使われています。TそれはTurquet de Mayerneによって「金の上にニス下地がある絵に適用されます」と呼ばれ、そしてピエール・ル・ブランによる「金や他のすべての作品のニス塗りのためのもの。それは銀にニスを塗るのに使用されて、そしてサフランイエローで着色されて、金の上にさえ使用されることができました。 それは銀に慣れていて、金の上で使われることができました。 CruzとMonteiroは、作者C1が金メッキに関してある程度の経験を積んでいると述べています。:おそらく彼はここでテンペラ絵画の金または銀の地面で使用されているニスを認識しました。
彼の知識がより理論的なものであったということもあり得る。もちろん、彼は上記の原稿を調べることができなかったでしょう。
これらは現代の時代まで出版されました。しかし、これ
レシピとそのさまざまな用途 - 金、銀、革、そして
その他のオブジェクト - 有名な著書 『Secreti del Reverendo Donno Alessio Piemontese』(Girolamo Ruscelli著)にも掲載されていました。 Alonzo de Santa Cruzによるこの作品のカスティーリャ翻訳は、1563年に初めて出版されました。このスペイン語版は、Tratado で再現された他の色調調製レシピのための情報源として使用されました。
よく読んでみると、アルメニーニのレシピの3番目と5番目にある単語sandaracaが、同等のポルトガル語のgraxa(ポルトガル語でグリース)を使って翻訳されていないことは驚くべきことです。代わりに、“escandaraça”(意味不明)が与えられています。これは、他のスペイン語またはポルトガル語の論文では未知の用語です。
グラクサ(スペイン語の草)はモロッコの方言の起源を持っていると考えられているのに対して、イタリアのサンダラカは古典的なアラビア語に由来します。スペルのエスカンダラは、アルメニニのサンダラカの意味が理解されていなかったこと、そしてその言葉がおおまかに転写されたことを強く示唆しています。
確かに、escandaraçaはもともとイタリア語で書かれた処方にしか現れませんが、同じFolioでは、El Greco処方を書くときにC1は通常のグラクサを使います。これは、この最後のレシピはポルトガル語またはカスティーリャ語から直接取ったものでなければならないことを示唆しています。
究極的には、作者C1は、樹脂やニスについてはあまりなじみがありません。 El Greco処方の記録として機能するためだけに、彼はワニスに関するこの章をオリジナルのTratadoに追加したようです。 TradatoがEl Grecoの死後数十年で作曲されたことを考えると、この処方は芸術家に近い情報源から来たものと合理的に推測することができます。彼がそれに加えるべき個人的なレシピを持っていなかったので、彼はそれから5つのアルメニーニ処方を加えました。
エルグレコのレシピ:「混合」ニス次の翻訳では、我々はレシピにいくつかの説明を角括弧で紹介しました:高耐力、そうでなければ未溶解]料は最後にニスから外れます。最もきれいで純粋なものを選んで、少し丸ごとサンダラックを加えてください。水の湿気がこの樹脂に有害なので、事前に洗わないでください。
次に、吸い取り紙でフラスコの首をしっかりと止めます。(アルコールの蒸発を抑えるため)これを適当な大きさの鍋に入れ、冷たい灰の上に置きます(おそらく予熱する)。
次に、フラスコの入った鍋を樹脂が溶けて沸騰するアルコールと混ざるまで、小さなストーブの上で強火で加熱します。それからフラスコを熱から取り除きます、寒さがそれを壊さないように注意しながら(熱衝撃によって)。それを注意深く開き、慎重に選択されたストラスブールターペンタインを加えます(このオレオレジンについては以下で論じる)。
まだアルコールを沸騰させます。ターペンタインの量はあなた次第です。すべてを火に戻し、沸騰させて完成させます。
上で述べたように、フラスコから熱を取り去るときは注意してください。
ニスを放置して冷却し、あなた自身の使用のためにそれを保管してください。
それは液体のようにそれが絵筆で使用することができます。(硬いオイルニスとは対照的に)。そして、あなたはより明るい結果のために2つの層でそれを使うことができます。冬には(ニス塗装)を太陽に、(夏には)太陽の反射だけにさらします。そして、最初の層が乾いたら、2番目の層以上を追加します。絵筆をアルコールに浸して固くしないようにすることができます。このニスはあらゆる種類の作業、特に紙に適しています。
したがって、これは間違いなく最後のニスでなければならず、全体に渡っていくつかの層に追加することを意図しています。
絵画の表面。 この定式化は、キャンバス上の作品に特に適しています。これは、イタリアで現時点で使用されている最も一般的なサポートでした。それは、オレオレジン(ここではストラスブールのターペンタイン)と、ニスの透明性を高め、効率的な乾燥を保証する樹脂と結合します。 後者は可塑剤として働き、キャンバスの柔軟性に応じたしなやかさを提供します。
アルコールに溶かして柔軟な支持体の上で単独で使用するとサンダラックは単に乾燥した非常に脆いフィルムを形成し、その上に細かいクラクリュールcraquelure(ひび)が広がります。
半脂肪または混合ニス:オレオレジンに含まれる脂肪の割合のために、それらはまだ17世紀に使用されていた脂肪油ワニスと厳密に細いニス(油なしの樹脂のみ、または特により柔軟なマスティック樹脂の場合、オレオレジン)は後で普及するようになった。この点で、歴史的なニスを単純な2つのカテゴリーに分類するという単純な説明 古代のオイルニスは油脂のないスピリットニスに置き換えられています。これらの混合ニスがイタリアの情報源に登場した後半からの進化を考慮に入れていません16世紀のそして次の世紀にますます普及した。これらは、使用される樹脂、オレオレジンおよび溶媒の種類および組み合わせにおいて変化しました。
1500〜1525年の間に作成されたマルチアナ文書は、アルコール中のベンゾイン樹脂(その用途は上で議論されていました)と前述のようにコレッジョのニスに対応する2番目のレシピを除いて、まだすべて油ベースのニスを記録します。
1584年に出版されたRaffaelo BorghiniのRiposo は、当時の絵画に使われていた4つの典型的なニスを説明しています。コレッジョの処方、1つの脂肪と1つのリーンニス、そして次の定式化。 ベネチアンテレピン4オンス、そして粉砕されたマスティックの半オンス、そしてガラス瓶の中でよくこれらの材料の全てを一緒に混合し、そして混合物を数回かき混ぜながら、それを3日間太陽の下に置く。 優秀なニス。
パドヴァン文書は、16世紀末から次の世紀にかけての処方集であると考えられています。それはいくつかの無駄のない数式(3つの処方)を含みますが、すでに脂肪ニスとほぼ同数の混合ニスを含みます。
脂肪ニスの場合、原稿が廃止される過程で古い処方のリポジトリとして使用されていた可能性があります。しかし、17世紀の初めには、イタリア(Caravaggioなど)と北ヨーロッパでもオイルニスが非常に一般的であったことに注意することが重要です。 Theodore Turquet de Mayerneは、樹脂/オレオレジンニスに対するルーベンスの議論、(乾燥したために北部の気候の湿気の影響を受けやすい) および脂肪ニスへの彼の愛着を直接説明しています。De Mayerneはルーベンスの信念を共有しているようだ、と彼は示唆しているように「日焼けした少量の胡桃油や亜麻仁油がそれらを溶かしてそれらを水と空気に耐性にする」。
De Mayerneは1620年から1646年の間に彼の処方を集めました。(彼の実験を油中の琥珀色での処方に割り引くために)画家によって確実に使用されたものを考えると、彼の原稿ははるかに少ない脂肪ニス(3種類のレシピ)と細いニスを特徴としています。オレオレジンのみを含むものに加えて、混合ニスより。したがって、El Grecoレシピは、この時代に標準となった樹脂/オレオレジン混合物の1つです。しかし、それはアルコールを使用している人々の中でも特に異例で狭いカテゴリーに属します。
Paduan写本はEl Grecoニスと似たレシピを含んでいます。それはアルコールを加え、それが水のようになるまで穏やかな熱の上で沸騰させるためにその混合物を置く前に、それはそれを粉末に粉砕してStrasbourg turpentineと混合することを勧めます。 最後に、第一のフラスコの底に堆積した物質を乱すことなく混合物を新しい容器に移す必要があります。
De Mayerneは、絵画のためではないがアルコール中のサンダラックを含む調合物を記録しています。ストラスブールターペンタインはヴェネツィアターペンタインに置き換えられています。彼の原稿に絶えず現れるバルサム。 彼が転写した他のすべての混合ニスはエッセンシャルオイルに基づいています、そしてしばしばマスティックはサンダラックの代わりに与えられます。
後に、これはレンブラントの輪の中で使われていた普通のニスの場合も同様だった、と彼の弟子サミュエル・ファン・ホーグストラテン、エッセンシャルオイルとマスティック。 El Grecoの式は、Bonanni またはGuidotti による18世紀の論文にもあります。 El Grecoレシピのテキストは著しく活気があり、経験に基づいた推奨が豊富ですが、それは必要な成分の量については言及していません。
ただし、一定の割合の成分を決定するのに現代のニス塗りの慣行が役立っているかどうかを検討する可能性があると同時に、ある程度の変動を見込んでいます(つまり、「ターペンタインの量はあなた次第です」)。 この問題に取り組むために、私達はパドヴァンMSで与えられた量から始めて、同じタイプのニスのための歴史的処方の再構築に基づくアプローチを提案します。 再構成が信頼できるものであるためには、選択された成分はEl Grecoの生涯で利用可能なものにできるだけ近いものでなければなりません。 以下では、順番に各成分についてこの問題に対処します。