So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Violin Varnish Koen Padding を訳して。感想と弊社オイルニスの方針

この本を全て訳したわけですが、ニスの配合はサンダラックとウォルナット油40:60が"Violin Varnish Comune"とアンバーとウォルナット油 40:60が"Violin Varnish Grassa"  という二つのベースを使用した根拠が出てきません。あと顔料としてどのレーキを使用したのかマダーレーキについても処方的なものは一切分かりません。引用した文献も分かりません。ある意味ヴァイオリン・ニスの本はマイケルマン、フライ、リード全て「間違った作り方」の産物です。Geary BaeseとBrigitte Brandmair & Peter-Stefan Greiner の本は読んでませんがたぶんまともだと思います。このような環境で作らざるを得ないのが現代のオイルニスだったわけです。
その中でMagisterはヴァイオリンニスとしての機能、少なくとも美観については完璧で支持されました。しかしストラディヴァリの使ったものとは違うニスでした。
私は生松脂からグリークピッチを採る方法、Marciana Varnishをストラディヴァリのニスと確信しています。
この著書での光学的説明はおよそ半分で、「二色性」と「蛍光」の説明に欠けています。蛍光は16世紀当時は紫外線はあります。日光がそれです。しかし何故蛍光を発する必要があるのかは書かれていません。そもそも蛍光の概念もありませんし、蛍光を感知する機械もありません。これはワイシャツに蛍光漂白剤で処理すると、より白く見えるように、本来人の眼で感知不能な領域の色素も影響しているということです。つまり蛍光を発するヴァイオリンの方が暗いところで明るく見えるという単純な仕掛けです。これは経験的にそうなったとしか言えません。
二色性はストラディヴァリのニスが松脂と亜麻仁油という分析結果の他に、コチニールの亜鉛レーキが少量検出されているという事実です。下地の黄色に赤紫を足して「赤」にする技法のことです。私の作った製品を使用する際に、一番誤解の多い問題です。
下地が白ければヴァイオリンヴァーニッシュ・コロホニウムのレットブラウンはただの赤紫です。この点は販売について少し改良して行こうと思います。
生松脂はヴァイオリンヴァーニッシュ・コロホニウムのダークブラウンの原料ですが、入手が難しく、先ほど入荷しました。かなり良いグレードです。低温で処理してみたいと思います。たぶん赤くなります。
というわけで、私はMagister Varnishのコピーは作らず、ストラディヴァリ使用ニスの有力候補であるマルチアナ・ヴァーニッシュの製造に専念する予定です。写真 生松脂
raw-pine.jpg


Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(52)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(52)
序文
1977年9月パディングと私はニューワークヴァイオリン製作学校に入学しました。私は彼が学校で学んだことを言った彼の英語の簡単な言い回しに感銘を受けました。彼が鋭く、ユーモラスで、彼の心を話すのを恐れなかったことは3年間で明白になりました。彼がMagister製品群を立ち上げたとき、私はそれらを使い始めました。私自身のニスを作るという私の矛盾した試みの後、それらは完全な女神でした。
さらに重要なことに、信頼できる資料の入手先を持つことから、それを使用する方法からそれをどのように使用するかというより深い質問に焦点が移り、それを通して私は何を達成しようとしていたのか。このプロセスは、パディングが書いた記事と彼が会議で行った講演によって強化されました。彼は、ニス塗装で何を探すべきかについての我々の理解に多大な貢献をしました。
製品の範囲として開発し、私はそれらを使用することを数えました。私は、パディングの素晴らしい専門知識と、彼が私が持っていたどんな質問にも辛抱強く答えることで示した寛大さをますます意識するようになりました。電子メールおよびメッセージは確実に返信を受け取りました。彼の死後、私の頭の中で彼が書いたすべてのものを1巻にまとめる価値があるという考えが生まれました。私のように、彼との個人的な説明や議論から恩恵を受けた彼の製品の他のユーザーから私が集めることができるどんな情報でもこれは拡大されるでしょう。
この情報をまとめると、この本を完成するのにかかる数年間でより大きなプロジェクトへと成長しました。パディングの家族との接触は、最初に私がそれらを集めるために2013年にオランダへの旅行で、ニス関連の本の彼のコレクションの私の取得につながりました。
同時に、私は家族のために彼の道具を売ることに同意しました。収益の一部はRBAトラスト(英国でヴァイオリン製作の学生に資金と職業経験を提供する慈善団体)に行きました。
それが無事に完了した後、私は彼のワークショップの残りの内容物(木、建具類、本とニスの材料)を売るように頼まれました。4つの重い積荷のパレットが2014年4月に私の家に到着しました、そして売るのを手伝うか、または寛大に買った多くの友人と同僚の助けを借りて、家族とRABトラストのためにかなりのさらなる金額が上がりました。いくつかのパディングのニス製造材料と装置へのアクセス、そしてそれらを販売することによって行われた連絡は、プロジェクトにとって非常に貴重であることが証明されています。
読者は私がこのプロジェクトにどのように取り組んできたか、そして正確にどの程度編集上の介入が行われたかについて知りたいと思うでしょう。一般的な原則として、私はパディングの特徴的で知的な声と活気のあるユーモアが歌うように、最小限にしました。出版された論文はすでに編集されているので、それらの章ではレイアウトを調和させる以外にすることはほとんどありませんでした。追加の脚注は私の頭文字を付けてます(HM)。もっと実質的な介入については、以下の章で説明します。
2.Koen PaddingがRoger Hargraveに完璧なニスの探求について語りました。
この記事の本文の一部は次の章の内容と重複しているため、重複を避けるためにこれらのセクションを削除しました。Roger hargraveは私の要求に応じて追加の資料を提供してくれました。
3.イタリアの古典塗料の合理的な考察
パディングは、ニューアークで開催された2004年の弦楽器製作セミナーでこの文書のバージョンを発表し、ヴァイオリンのスライドとの彼の話を説明しました。このVSA(アメリカのヴァイオリン協会)の記事は写真なしで現われた、それで私はテキストを強調するために適切なイメージを選びました。
4.サッコーニのニス研究の新しい発見
元の記事に添付されている写真は、この出版物では利用できませんでした。私は次のように差し替えました。王立音楽院のIan Breareyが1709年の "Viotti" Stradivariを親切に撮影しました。これは元の記事で説明されているので、同じヴァイオリンの異なる写真の場合だけです。
オリジナルの記事に描かれている他の2つのストラディバリ楽器、1666年の "Back"と1717年の "Suggia"チェロは、それぞれ1734年の "habeneck"ヴァイオリンの写真です。 差し替え写真を理解できるように、テキストを少し変更しました。
5.古典的なヴァイオリンニスの幻想的側面を説明する試み
レンブラントの写真は、元の記事にも転載しました。木の表面を描いた図への注釈は、論説です。
7. Magisterのヴァーニッシュシステム
この章は、MagisterのWebサイトに掲載されている資料から編集しました。これはマジスターシステムとすべての異なる製品のための情報シートへの一般的な導入、ならびに時代遅れになった「イタリアの古典塗料の合理的な考察」の長いバージョンを含みました。
パディングが第二言語で書き、テキストがまだ編集されていないので、私はスタイルを本の他の部分と一致させるために多くの変更を加え、これらを最小限に保ち、できるだけ書き換えないようにしました。しかし、この素材の情報源からの情報の選択と順序付けは私自身のものであるため、最初の人に保存するのは適切ではありませんでした。
それらが発生した場所では、「私」を含む文章は第三者に変更されたか受動的になりました。この章には、ヴァイオリン製作者たちの寛大な貢献による多くの情報が含まれています。それらの名前は「謝辞の章」にリストされています。これらの寄稿のほとんどは脚注として含まれていますが時折、そして私がアイデアが直接パディングから来ていると私が確信したときだけ、それらは直接テキストに組み込まれます。
8.ニス成分と配合
この資料はマジスターのウェブサイトに掲載されており、上記の「イタリアの古典塗料の合理的な考察」の一部を構成しています。内容は前の章よりも理論的であるため、別のセクションに入れるのが妥当なようです。
10,11,12
これらは、本のスタイルに合わせてレイアウトを少し変更したこと以外は、最初に公開されたものと同じです。ウロボロスと連鎖猿の画像を含めることは論説です。
koen padding vv.jpg

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(51)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(51)
結論
それで、それが古典塗料の表面に衝突すると、光はどうなりますか。正直に言うと、ここまで来た後、あなたの推測は私のものと同じくらい良いか、あるいはおそらくもっと良いと思います。しかし、期待外れで終わらないように、軽薄さに浸りましょう。
まず、楽器に入射した光の一部がニスの表面でそのまま目に入ってそのまま反射され、さまざまなレベルの光沢領域とつや消し領域が発生します(これを避けるため、写真家は通常、拡散照明条件で楽器を撮影します)。光の大部分はニスに入り込み、初めて屈折した後、木材の表面へあらっぽくに乗り出します。
この走行中に、より短い波長(緑と青)の大部分は通常吸収され、その結果黄色から赤色のニスになります。途中で遭遇する顔料または充填剤は、光の一部の反射、屈折およびまたは吸収を再び引き起こすでしょう。反射光は塗装から戻ってきて、小さな輝きや色彩感覚を引き起こす可能性があります。あるいは、それは以前に通過した粒子に対して再び反射される可能性があり、それをもう一度木の表面に向け直すことになります。
3Dピンボールマシンでは、光線の一部が水銀製のピンボールのように進む経路を想像します。いくつかのインパクトでは、このボールは他のボールと一緒になってその軌跡が一致すれば、多数の小さなボールに分割されます。3Dピンボールマシンは非常に大きく、そして1回の連続ゲームには数えきれないほどの数のボールがあります。やがて、ほとんどの光は木の表面に届きます。
木自体は、半透明の鏡の構造化された迷路の層の上の層として想像することができます。光線の一部は最初の層から反射され、残りの部分はこれを透過し、すべての光が反射されるまで続きます。この過程で、黄色の波長の振幅は干渉によって強くなります。(光沢も参照)。
これは木材に多かれ少なかれメタリックな金色の外観を与えます。光線の一部は、それらが行き止まりに達するまで構造化迷路の層の中へ横方向に反射され、そこからそれらは表面の方へ外向きに向け直されます。これは、これらの領域に入射するよりも多くの光がこれらの領域から戻ってくる原因となり、ルミネセンスの錯覚を生み出します(オパール光沢も参照)。その後、コーティングの表面に戻ってきます。
一部の木材は非常に銀色に輝く、通常はカエデの杢に沿って細い線で表示されています。という事実は、これらの地域では迷路の構造が観測線に対して垂直に走っていることを示しています。比較的わかりやすい方法で観測者に反映されます。それでも、顔料およびまたは充填剤粒子間の距離は依然として光線の直径とかなりの近赤外であるので、高度に着色されたニスの場合にも可能でしょう。
それで、これすべての使用は何ですか。さて、次回あなたが古典ニスの旅をする機会を提供される時には、両目を大きく開けてフロントシートに乗ってください。もっと楽しくなります。(註18)
(註18)ニスの光学的効果についての詳細は、Michael Molnarの記事「Reflected glories」、The Strad(HM)を参照してください。 (第5章終わり)


Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(50)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(50)
光沢
人類は常に光沢に魅了されてきました。それは価値を意味します。鳥の羽、貴金属、真珠、貴石、そして絹が常に望まれてきました。特にそれらが自然に祝賀と贅沢を具体化するという理由で。光沢は、深みと活気のある感覚を与えます。
物理的には、光沢はさまざまな方向からの光線が観察者の方向に向かって変化する方向性反射によって構成されています(指向性反射を参照)。眼はきらめくものから輝くもの、そしてきらびやかなものまで、非常に細かい艶のグラデーションに抵抗します。
これらのすべてが(天体光の場合のように)これらの指向性光線がどこから来ているかを確かめる方法がないので、深さの感覚を作り出します。彼らは私たちの脳を眩惑させるか、あるいは愚かに見せます。これは私たちに最も近い刺激的な強さを私たちに示唆することによって反応するでしょう。このように、2つの鏡の中を覗くことに対する刺激の比較的違う点数です。
二色性
私たちのヴァイオリン製造業者が二色性として説明しているものの多くは、真の意味の二色性ですが、背景反射のレベルの変化(杢のあるメープルの場合に最も明白)と色ニスの異なる厚さから生じます。沈殿した水酸化アルミニウム系顔料を製造するためのより一般的な方法は、非晶質(註16)の性質の透明顔料をもたらします。これらは、真の二色性に関連する偏光を生じません。もちろん、これを行う古典楽器の塗装や木材には他にも要因があります。
(註16)分子がランダムに配列している鉱物粒子は、「アモルファス」と呼ばれています。
障害の複雑さ
光線に含まれる情報は、これらの光線が接触した物体によって修正され再配置された方法から、脳によって推測されます。
これらの変化は脳によってマクロレベル(物体全体)に変換されますが、それらは個々の分子、粒子および物体の表面の上または下に密接に結びつく単一の光線によってミクロレベルで生成されます。結果として、我々は単一の光線の理論的な振る舞いによって光の振る舞い(そしてこれが引き起こす光学的効果)を説明しなければなりません。
理論はその性質が現実の単純化です。残念ながら、光の場合、現実ははるかに複雑であるため、理論とは異なるという危機に瀕しています。これを説明するのに役立つかもしれません。光線が一滴の水に例えられるならば、光線は雨のシャワー(個々の光線)のようなものではなく、連続的に流れる川のようなものです。
そして、私たちの周りの光は海のように見えますが、私たちが観察するところでは、砂のことわざを得ることになりますが、今回は突進が起こる場所のまわりで海底に位置することになります。それぞれの個々の水滴についてすべてを知ることによって彼らが海の概念をつかむことができると誰も主張しないでしょう。そして、海の動きのいくつかが、水滴や水でいっぱいの川についての我々の知識に基づく予測と矛盾することは驚くに当たらないでしょう。

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(49)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(49)
画像の深度(Depth Vision)
私たちの左と右の目がり、現実には二つの角度があるので、私たちは三次元で見ていると信じています。このようにして生成された2つのわずかに変位した画像から、私たちの目と物体との間の角度、そしてそれから物体までの距離、あるいは物体自体の立体性さえも推測できます。これは近距離では役に立つかもしれませんが、対象物が遠くなるにつれて、2つの目がそれらを見る角度の違いは無視できるほどになります。
今、物体から来るすべての光線は平行に見えます、それで私たちの目に関する限り、隣の村の教会の塔も火星にあるかもしれません。脳の中ではそうではありません! これは、それが教会の塔であることを知っています。そしてまた、これらが通常どれくらいの高さか。それで、相対的な大きさによってそれはあなたに推定距離を伝えます。また、脳は同じ視線内の他の既知の物体を使って較正します。このように、私たちの深度視力は、円周情報の解釈によるのと同様に、真の3次元性によってもたらされます。
例えば、私たちが真っ青な空の中で飛行機を見ているとしましょう。これはほんの数百メートルしか離れていない模型飛行機ですか。それともはるかに長い距離にある実際の飛行機ですか。それともはるかに長い距離にある本物ですか。私たちは少し混乱するかもしれませんが、飛んでいる鳥や転がってくる鳥が私たちのためにこの質問に答えようとしています。
顔料の透明度と不透明度
視覚に関するほとんどすべてのものと同様に、透明度と不透明度は相対的な性質です。 特定の媒体中の顔料の固さは質によって異なります。 特定の媒体中の顔料の不透明度は、その媒体中でその顔料によって反射され吸収される光量に依存します。顔料を吸収した光がすべて不透明な黒に見える場合があります。吸収されるすべての光が顔料を吸収すると、不透明な黒に見えます。すべての光が反射すると、顔料は不透明な白色に見えます。この不透明度が光沢または艶消しに見えるかどうかは、反射された光線がどの程度再配置されるかによって異なります。ある屈折率(RI)を持つ媒体(たとえばニス)から異なるRIを持つ別の媒体(たとえば顔料粒子)に光が通過する場合、境界で反射される光の量は次の差によって影響を受けます。これら2つの指数(差が大きいほど反射が大きい)。
これは、例えば、多くの光を吸収しない水酸化アルミニウムベースのマダーレーキがその乾燥粉末中で不透明に見える理由を説明します。この場合、空気は他の媒体であり、それははるかに低いRIを持っています。多くの反射しかし、顔料のそれに非常に近いRIを持つオイルニスでは透明です。全体的な不透明度に対する反射の寄与は、最後の例では非常に小さく、顔料はあまり光を吸収しないため、透明に見えます。
オイルワニスの密度、したがってRIは年齢とともに増加します。 これにより、色調が濃くなり、これらのワニスに含まれている可能性のあるほとんどの顔料の透明度が向上します。 ニスのRIが顔料のRIに近づくにつれて、不透明な顔料が半透明に見え始めることさえあり得る。 この現象は、画家には痴呆として知られています。それは私達にとって、着色された古典ニスは彼らが最初の所有者にしたよりも色は明るくはないがより透明に見えます。
古典ニスの素晴らしい透明性については多くのことが言われてきました。 私の経験では、これらのニスの大部分はそれほど透明ではありません。ここでは、ニス固有のもの、つまり下の木を見ることができるように高度の透明性を持たなければなりません。
ニスが透明な媒体だけで構成されている場合、その視覚的な印象は魚なしの水槽のようなものです。そしてこの外観は、わずかに透明な空隙の背後にあるものすべてによってもたらされる光の修正によってのみ救われることができます。完全な透明性は、寸法の基準点として使用したり、私たちをだましたりするための光学的刺激を提供するものではありません。 実際、真珠の母のようなかなり不透明な素材でも、3D感を引き出すことができます。
古典的なコーティングの場合、背景(木材およびその前処理剤またはプライマー)は、コーティングの魅力に寄与する最も重要な要素です。それで、その光学的な当たり障りにもかかわらず、そのような古典的な根拠の上で、透明なニスでさえも非常に素晴らしいように見えるでしょう。
原則として、顔料の透明度はそれらの粒子サイズによっても影響されます。 透明顔料の粒径がある色の光の波長に非常に近い場合、この波長は粒子によって反射される可能性があります。実用的な非常によく磨かれた伝統的なレーキ顔料は、平均粒径が10,000nmから50,000nmの間です。それらを一様に特定の波長サイズにするには多大な労力と魔法が必要です。

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(48)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(48)
通常の昼光、すなわち白色光は、すべての可視波長の特定の混合物です。この混合物からの逸脱は、私たちによって色として知覚されます。最も劇的な偏差は、この全スペクトル光の一部を物体によって吸収することによって生じます。物体は、現在我々に戻され観察される光のスペクトルの残りの部分に対応する色であると考えられます。私たちが私たちの周りに見る色の大部分と顔料の色は特定の吸収によって作られています。しかし、蝶の羽を作ることができるよりも少なくとも1つの光の変更があります。水や油のの真珠光沢はすべて、ほとんどの金属(図6)の柔らかい光沢と色のように干渉(註15)によって生成されます。干渉は、光沢の特定の場合です(後で詳しく説明します)。干渉は、通常鮮やかで飽和度の高い色を生成します。その正確な位置は、私たちの位置によって決定できません。その位置は、脳より明るいことができません。干渉によって、吸収によって生成される場合よりも、より明るい色が現れます。一般的に、色は次の3つの属性で定義できます。
fig6.jpg
1.色相は、観測された色の名前を生む支配的な観測波長を指定します。「colour:色」、「Tone:色調」、「shade:色合い」という用語は、科学用語ではなく芸術的な用語に由来します。 彼らはさらに色相を指定します。例えば、黄色の色相は、ヒマワリの黄色のようなレッドトーン(暖かい)、またはレモンイエローのようなブルートーン(寒色)であり得ます。
(註15)干渉は、光ビーム内の特定の波長の一部のみが反射され、この色の残りが移動するときに生じます。正確に1つの波長を移動した後、この波長の一部が再び反射され、2つの反射ビームが「同相」になり、互いに強め合います。第2の反射がちょうど波長の半分だけ離れている場合、これらの2つの反射ビームは互いに打ち消し合います。簡単に言えば、干渉とは、透明な薄い層で繰り返される選択反射です。
2.飽和は、観察された色相の純度または他の波長とどの程度混合されるかを与える。 彩度は、色調や色合いのより具体的な用語です。
3.明度は、色が発光すると思われる程度を指定します。それは、黒色(発光なし)から白色(全発光)または無色のサンプルを透過する範囲にあります。光源の場合には明度の代わりに明度および明度という用語が使用されます。
実用的な目的(印刷における色再現など)のために、非常に高い彩度の3つの特定の補色からなるものとして、白色光を補間することが合意されています。黄色(冷たい黄色)、マゼンタ(紫色がかった赤色)、シアン(深い空色)のプロセスカラーです。明度の調整のために定量的な関係を指定し、黒または白を加えることによって、ほとんどの色を定義して再現することができます。


Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(47)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(47)
1.反射
光が物体の表面から跳ね返った場合、それはリフレクション「反射」と呼ばれます(下記の"Lustre"光沢も参照してください)。反射は、双方向であることができ、ビーム内のすべての光線が同じ方向に反射されることを意味します。これは滑らかな平面上でのみ起こります(図2)。これがより大きな表面上で起こり、個々の光線の間の位置関係が反射によって変化しない場合、指向反射は鏡面反射と呼ばれます。
これは、鏡で見つけたように、イメージ全体を反映させることになります。反射もまた拡散します(図3)。これは、光線があらゆる方向にランダムに反射する場合です。これが物体の表面上で起こる場合、この表面は艶消しであるように見えます。
2.吸収
入射光が物体に吸収されずに全てが反射されれば、この物体の色は白色であると認識されます(入射光が白色であると仮定して)。すべての入射光が物体によって吸収されると、この物体の色は黒であると識別されます。
吸収された光は熱として放射されます。その結果、黒い物体は着色された物体よりも迅速に加熱(および冷却)されます。その間の部分吸収のすべての異なるレベルは、異なる灰色の陰影を生成します。通常、吸収は部分的であるだけでなく、特定のものでもあります(特定の色の光だけが吸収され、他は反射または透過されます)。これは私たちが周囲から得る色の感覚の大部分を引き起こします。
3.光の移行
入射光の一部が物体の表面に当たって戻ってくると、その物体は半透明に見えます(そこにはある距離が見えます)。この貫通した光が物体を通って移動すると、物体は透明になります。送信された光が物体の後ろ側から来て、私たちの側に来る場合、私たちは邪魔になりません(図4)。
太陽と耳の間の距離が比較的大きいので、太陽から私たちに届く放射された光線が並行していると仮定すると、実用的な目的のために使うことができます。私たちの目に直接届く放射光は、眩しさとして経験されます。 原則的に、痛みの感覚、眩しさはかなり耐え難い(星光)、または失明(日光)を引き起こす可能性があります。
適度な量の眩しさが有用です。放射された光が物体の表面の異なる部分にそのまま反射されて目に当たった場合、異なるレベルの眩しさが発生することがあります(反射によって生成されるこの眩しさは通常光沢または光沢と呼ばれます)。これを他の情報と組み合わせることで、私たちの脳は物体の質感と次元性について意見を述ます。
光が移動する速度は、(媒体)を通過する材料の光学密度に依存します。光学濃度が高いほど、光の速度は遅くなります。波長が短いほど、媒体の光学密度の影響を受けます。 その結果として、光線はある媒体から別の媒体へと進むときに方向(曲がり)を変える傾向があります この光の間曲がりは屈折と呼ばれます。
ある程度の屈折率は、光が透過すると通常起こります。すべての材料は、空気からそれに入射する光(スペクトル)に対する曲げの特定の比を与えます。この定数は物質の屈折率と呼ばれます。(註13)空気の屈折率はもちろん、光の曲がりがないことを示すI.O(入射反射)です(図5)。
fig2-5.jpg
光が横方向に変化し、正確に反射されて屈折する現象は、乳白光と呼ばれます。(註14) これは、異なる光学濃度の2つの透明な材料間の境界上で起こり得ます。
この場合、光はこのケースに沿ってある程度の距離を移動しますが、光はこの境界に沿ってある程度の距離を移動してから、その境界を突破します。 したがって、比較すると、入射光の平均量よりも多くの光がこのブレークスルー領域から発生し、その領域が光源の出現を引き受ける原因となります。
現実には、入射光に起こることは、ほとんどの場合、3つの可能な修正の混合物です。物体の表面に入射する光線は、通常、部分的にしか反射されません。残りの部分は吸収され、かつ/または透過される(そして、ほとんどの金属さえも非常に薄いシートで透明である)。このプロセスは、ビームのすべてが反射、吸収または透過されるまで繰り返されます。
ブラックホールのみが吸収し、真空のみが透過し、天使の笑顔だけが本当にすべての入射光を反射します。
(註13)光線が空気からこの面に入射する点で材料の表面を通る垂線が想像される場合、その材料のRIはr = sin a / sin bと表すことができ、垂直線と入射線との間の角度はaであり、透過線の垂線の間の角度はbです。
(註14)パディングは緑色をしたボトル入り無色ニスで乳白光の効果について書きました。「ニス分子は微小な電気的変化の影響下にあり、ニスの多少の閉鎖シートを形成します。
これらのシートは、新鮮なニスとは異なる光を反射します。この効果は、(湿った)琥珀色のニスで特に顕著です。ぜなら、琥珀色は比較的高い静電電荷を保持することができるからです。ニスを加熱して立っていたら、緑色の色相が消えてしまうのではないかと思います。」
(HM)
新鮮な乾燥したニスとの間の色の変化について、彼はこう書いています。「特定のドラチュラのヴァイオリンニスは、乾燥するとその色が非常に強く変化する点で、他のものとは異なります。これは、湿ったニスとは対照的に、乾燥フィルム中の光の異なる挙動と関係があります。」(HM)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(46)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(46)
光は非常に複雑な現象です。それは色に関する情報を含んでいるだけでなく、私たちについての世界の形、質感、次元、動きについても教えてくれます。私たちは実際に眩しさとして以外の放射(註7)光自体を経験しません。それは、私たちが見る物体に当たった後の光の修正です。誰かが夜空に触れると、あなたが見る光線は、空中線の塵や水分に対してあなたの方向に反映された光線です。乾燥した清潔な空気では、ビームは表示されず、ビームの光を反射するオブジェクトだけが表示されます。もしトーチがあなたに直接向いているなら、あなたは目が眩むことがあるので、あなたは何も見ません。
多くの異なるモデルが、光の挙動を説明し、予測するために提案されている。現在までに最も成功しているのは、振幅(註8)が3次元(前方、上下、左右)に移動する電磁放射であると説明されています。この波状運動が、結果として得られる2つの垂直振幅に分割されると、これらの結果として生じる個々の光線は、偏光と呼ばれる。(註9)
分割プロセス自体はシフトと呼ばれ、光通過プロセス自体がシフトと呼ばれ、シフトと呼ばれ、偏光と呼ばれます。(9)分割プロセス自体はシフトと呼ばれ、通常、結晶構造を通過する光またはサブ波長 サイズの粒子。
註7)放出された光は、その発生源、例えば太陽または電球から送出される光である。
註8)波は交互になる山と谷で構成され、これらの極限の間に架空の「地上線」があります。 1つの波長は、この線との3つの連続する交差点(ピーク+谷長さ)の間の距離(地上線に沿って測定される)である。
註9)ビーム内のすべての光線が平行面内で光線だけでなく光線自体も偏光と呼ばれる場合、 光の偏光は、光が非常にアモルファス(サブ波長の大きさ)の粒子によって散乱することによって生じることがあります。 光の偏光は結晶によって引き起こされる可能性があります。通常、偏光と偏光との違いに気づくことはありませんが、偏光によって生成される効果の一部は、偏光とは異なります。偏光が眩しさを生むことはありません(ポラロイドの初期のサングラスは、プールの端にあふれているクールな男を覚えていますか?彼は水面下で太陽の反射によって妨げられない水中で泳いでいる女の子を見ることができます) 光は二色性を引き起こすことがあります。二色性がある程度分極してそれが起こるならば、より有用な解釈が可能です。可視光と呼ばれる放射線は、約380nm(紫色光)(註10)〜760nm(赤色光)のスペクトル(波長の範囲)を有します。波長が長くなるにつれて、可視光線は人工的に紫、青、緑、黄、オレンジ、赤の光に分けられます。例えば、虹のように白色光が分離されるとき、これらを区別することができます。波長が長ければ、放射線は赤外線と呼ばれ、我々はそれを暖かさとして経験します。波長が短ければ、それを紫外線と呼び、UVA、BおよびCにさらに細分します。これらはUVBとCがより低レベルですでに有害であるエネルギー放射が増えています。紫外線Aは、日焼けやオイルニスの乾燥に必要なすべてです。ほとんどの紫外線は地球の大気によって濾過されます。一般に、波長が短ければ短い程、我々は散乱と呼ばれる様々な変化に対してより敏感である。(註11)青色は可視光線の最短波長を有するので、青色成分のみを部分的に反射し、 水分によって空が青く見えます。入射光(註12)が物理物質と衝突すると、3つの可能性があります。
註10)1nm(nanometer)=1/1,000,000,000 meters,or 1nm = 1/1,000,000millimaters.
註11)散乱とは(拡散反射の場合のように)メインビームの方向から離れた個々の光線の方向変化と、2つの光線(光線)の光線の分割の両方を表すために使用される非特定の用語です。(反射のように)異なる方向に上にある相補的な色のより多くの光線。
註12)入射光は入射光または立ち下がり光です。ヴァイオリン上の入射光の変化する部分は、光源から直接得られるものではなく、他の物体(例えば、同じ部屋の壁、天井、床および他の物体)を介して楽器に反射されます。このライトは少なくとも1回は既に変更されているため、この記事の問題はさらに複雑になります。

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(45)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(45)
5章 古典的なヴァイオリンニスの幻想的な側面を説明しようとする試み(2003.8 BVMA)
好都合な照明条件の下で古典的な楽器の塗装を見たことがありますか?スキューバダイビング用具、パラシュート、またはチューバッカがナビゲートして銀河系の戦闘場を利用して目的地に到着すると想像できましたか。(戻る心配は決してありません。)
そのような楽器を勉強するときに、同僚の圧力があなたに近づいていると感じませんでしたか。彼らが旅行をするための暇を待っていると、彼らは「リング効果」が始まり、あなたがしたいことが彼らは嫌だだと感じるようになったのでしょうか。「悪い連中よ。自分の宝物」私はあなたが持っていると確信しています。あなたがこれを読んでいるという事実は、あなたが安全に戻ってきたこと(おめでとう)を意味しています。それはまた、あなたがこの経験の背後にある複雑な理論の少し胃を萎縮させることができるヴァイオリン製作家のであることも証明しています。心配しないでください。これはあなたの次の旅行を台無しにしません。
幻想と脳
高品質の古典的コーティングが私たちに与えている豊富な光学的印象については、どのように記述しても、
・私たちがそこにいることを知っている実際の10分の1ミリメートルよりはるかに大きい次元の感覚。
・光が内側の光源から来ているように見えて、ニスを燃え上がらせ、光って輝かせ、輝かしいものにする。
・二色性(註3)異なる角度から見たときにオブジェクトの色が別の色に変化するように見える場合によく使われる用語である。それは青色に変わる黄色のように劇的である可能性があります。
私たちはこれらの印象のすべてが幻想的であることを知っています。古典的な塗装であなたの車を駐車することはできません。自発的に自ら発火することはなく、自らの色を変えるほど生き生きしていないのです。それにもかかわらず、これらの錯覚は非常に現実的です。理由は、実際には私たちの眼ではなく、脳で見ていることです(註4)。
知覚神経は限られた感度範囲しか持たないので、光刺激の相対的な存在に常に適応する必要があります。(註5)
これは、脳が相対的なものを解釈することによって見ているものの大部分の性質を決定しなければならないことを意味します。絶対情報よりも(以前の経験によって補完された)。
したがって、これらの刺激の関係が実際の物体から来る刺激の関係に近い限り、刺激の孤立したグループを現実として受け入れます。これにより、私たちは欺瞞に脆弱になります。
いくつかの画家はこの知識を巧みに使い、フラットなキャンバス上に立体的な立体物を錯覚させることさえできます。 Rembrandt van Rijnの「ゴールデンヘルメットの男」は私の好きな例です(註6)(図1)。(Rembrandt Harmenszoon van Rijn オランダ1606,7,15-1669,10,4)
rembrandt.jpg
それがは、白、ベージュと黒の塗料の少々の点だけが混じっていて、黄色の背景に巧みに混ざっていました。あなたがクローズアップからそれを調べると、ヘルメットはほとんど荒々しくペイントされますが、驚くべき自信を持っていて、黄金色のヒントほどではありません。画家が観察者のために意図した距離は、それを驚くほど納得させるものです。もう一度確かめる! 畜生!たかが塗料に。
註3)より正確には、二色性は、色の結晶が光の偏光のために異なる方向に異なる色を呈する能力を言います。
註4)これはどうでしょう。ある距離を離れて最初に黄色と2番目の赤い光が表示された画面の周辺を見るときに見たものを説明するように求められた場合は、最初に黄色のライトとオレンジ ストライプ、そして次に赤い光 "を生成します。十分に公正で、オレンジ色のストライプは、光学神経の保持時間(インパルスが消えるまでに時間がかかる)によって説明することができます。しかし、あなたがこれらの事柄を見たということの続きとしてはいかがですか(あなたは、赤い光が表示された後、オレンジ色のみを知覚することができますか。)これは、あなたの脳が思いつくことができる唯一の論理的な出来事です。これは、脳が刺激を解釈するだけでなく(目が登録されていることを私たちに伝えることによって)、それが現実であると考えるものへの解釈も鎮圧することを示しています。反射反応のように、これは民主的なプロセスではありません。時には、欺瞞が目立たない時には、脳の不正行為を知るようになり、それでも理性が脳の誤りを告げるのは難しいのです。
註5)これは極端に目立っています。晴れた通りから暗い室内に降りると、最初は黒く見え、その後はぼんやりとした形になり、数秒で室内が自分の廊下になるかもしれません。
註6)レンブラントへの帰属が正しいことは、今や疑問です。(HM)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(44)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(44)
ランプの種類
様々なタイプのUV放射光源が利用可能です。弦楽器製作に役立つランプは、すべて蛍光管ライト(TL)から購入することができます。 蛍光灯はかなり広いスペクトルの放射を生成し、UVCも含まれています。しかしこれは、チューブのガラス壁によってフィルターされるかまたは含有しています。
放射スペクトルの残りの部分は、ガラスの種類と色の変化、ガラス管の内側のコーティング、蛍光管に異なるガス(ネオン管のように)を充填することによって狭められたりカスタマイズされたりします。私たちの目的のためのすべてのランプは、標準の蛍光管ホルダーに適合します。蛍光管の長さは、その電力仕様に直接対応する。
ニス乾燥用
メーカー:Philips
ランプ名:Cleo Performance
ランプID:80W-RSLV
長さ:1507mm
注:フィリップス社では「Cleo」という名前の他のランプも製造していますが、これらは主に強度の高い長期タンニングランプです(UVB出力の割合が高い)。乾燥ニスの場合、日焼けランプは十分です。オスラム・シルバニア(Osram Sylvania)は類似のランプを製造しており、そのうちの軽いスキンタイプのものがニスの乾燥に最も適しています。
蛍光検査の場合
メーカー:Philips
ランプ名:Blacklight Blue
ランプID:TLD-15W / 10SLV
電源:15W
長さ:437mm
メーカー:Osram Sylvania
ランプ名:Blacklight Blue
ランプID:F15W / BLB-T8
電源:15W
長さ:437mm
より広い検査領域用のより高出力のBLBランプも、これらの製造業者から購入することができます。
乾燥キャビネットの製作のヒント
乾燥キャビネットは決して大きすぎることはありません。過熱に対するスペースを防ぎ、存在する酸素の量を増やします。大きなダブルドアのワードローブ(80x50x16cm)は、チェロ用にはちょうど十分大きく、ヴァイオリン用には大きめです。1立方メートル当たり500ワットのランプ電力が十分です。私のは250W/m3しかありません。電源を4つのランプに分けて、キャビネットの4つの対向するコーナーに配置して、UV放射が最も均一に広がるようにします。
アルミ箔でキャビネットの内部を整列させます。簡単にアクセスできるように、ワードローブ(入れ物)を組み立てる前にこれを行ってください。フォイルの反射特性は、あなたがあらゆる種類のポジションを回すことなく、あなたの力を最大限に引き出し、楽器のすべての側面で乾燥さえ促進することを保証します。
キャビネット上部の少なくとも3分の1を取り外し、蚊帳を付け替えてください。これにより、熱、酸素、湿気が交換され、虫の侵入を防ぐことができます。特に夜間にキャビネットを操作すると、無制限に虫が発生する傾向があります。ファンは、最終的に湿った器具と接触するまで空気中のほこりを保つため、素晴らしいアイデアではありません。オープントップは十分な熱と酸素の交換を可能にします。
要約
多くの人が自然界を科学的に理解していないにもかかわらず、すべての年齢の工芸家が紫外線をよく利用しています。自然日光の成分として、古典的な楽器のオイルニスの硬化に重要な役割を果たしています。賢明に使用された場合、現代の工学的な源であるUV放射の利点を否定する理由はありません。
-以上9章 弦楽器製作のUV光の使用から- 

前の10件 | -