So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(11)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(11)
(ホーステール)木賊(equisetum)の使用
(Stradの2009年4月の投稿)
Sam Zygmuntowiczと1715年のTitian`Stradivariの詳細(Strad、2009年2月)壮大さを分かち合った彼の協力者に感謝します。
興味深いことに、Zygmuntowiczは、楽器に観察可能な唯一の工具の跡として狭く規則的に並んだ筋を記録し、どのツール(木賊:ホーステイル、サンドペーパーまたはサメ皮)がそれを引き起こしたのかという疑問を提起しました。それらは、古典的なヴァイオリン製作の塗装システムが本質的にビザンチンの塗装システムとして説明されているずっと古い伝統の続きであることを示すいくつかの指標の1つです。
(ホーステール)木賊(Equisetum)は、木工の最終的な削り落としのために長い間使用されてきました。この普通湿地植物の茎は、高いシリカ含量を有し、3mmから12mmまでの直径が変化します。 二重尾根で分けられています。木材を横切る動きの指揮に先立って、これらの尾根は二重刃のスクレーパーのように機能します。木賊ガーゼで輝く大理石のような表面が生えます。
システムが移動方向に保持されていると、二重線は約0.1mm幅のトラックを切断します。 時には、隣接する二重線は、約1.5mmの第2の完全に平行なトラックを切断することがあります。より多くの圧力が加えられると、幅0.1mmのトラックは単一の太い線になることがあります。これらの太い線のうちの2本は1.5mm幅の単一トラックのように見えます。両方のタイプのトラックの幅は、使用されるステムの直径によって変化します。通常、これらのトラックのほんの数は楽器で見つけることができますが、より過失のあるメーカーでは、スキーの跡のようなパターンが激しいことがあります。一部のシリカはホーステイルの使用によって木材表面に移動しますが、シリカの痕跡ではありません 古典的な楽器のグラウンドコートで検出されます。



Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(10)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(10)
後書き
コーエン・パディングの歴史的なニスへの再調査と彼が創作した資料は、実際に彼の製品を使用したかどうかにかかわらず、ヴァイオリンメーカーにとって非常に重要でした。マジスターのニス、顔料、プライマーの使用が普及していたため、ニスの一般的な品質が著しく向上し、国際的なヴァイオリンのコンクールを審査する審査員から注目を集めました。自らの材料を作ることを望む者でさえ、自分の仕事を判断するための金の基準としてマジスターの試験瓶を購入しました。
Padding氏が書いた記事やメモは、顧客に説明した辛口な説明が、私たちがニス層について考えたやり方を変えました。この本の貢献者の一人であるUlrike Dedererは、「私はコーエンの資料を使い、彼のガイドラインに慎重に取り組んでいます。私にとっては、徹底的に考えられたシステムを持つことが非常に役に立ちました。 生の木材から完成したニスまでのすべての材料を説明してくれました。これを通じ、最初にニスの層の機能とその下の木材との関係を理解しました。」
不慮のパディング氏の死は、彼を知っていたすべての人にとって大きな損失でした。この本を編集することで、彼の専門知識を集める価値はますます明らかになりました。 1つの場所に呈示されることによって、究極の栄誉が得られます。注意深く読んで、異なる記事間をつなぎ合わせると、新しい情報層が明らかになります。 私は、この専門知識が生き続け、来るべきヴァイオリンヴァーニッシュの理論と実践についての主要な情報源の一つとして残ることを願っています。
註)この文は著者のHelen Michetschlänger氏が本文の最後として書いた文です。