So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 41

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 41
2.別の方法でレーキを作るために。染色家が使用するような焼いた灰を取り、苛性アルカリを作り、清潔で澄んだ状態に保ちます。沸騰したら、消石灰ではなく生石灰の塊をその中に入れ、細かい布を通してこします。次に、このアルカリ液2パイント(946ml)をきれいに取り、新しい艶をかけた小鉢に入れ、半ポンドの布の削りくずを加え、よく混ぜます その後、灰汁をきれいな火の上に置き、3分の1になるまで沸騰させます。減ってきたら、岩明礬3オンス(85g)追加します。3分の1に減少するまでそれを沸騰させます。次に、こし布を通してガラス張りの瓶に入れ、中央にくぼみがある新しいレンガの上にレーキを置きます。レンガが一度にすべてを保持できない場合は、一度に少しずつ、5時間の間隔をあけます。それを取り出して、レーキが残っている限りこれを行います。それを洗面器に入れて、太陽の熱で乾燥を終了します。乾燥しそうになったら、非常に滑らかなテーブルの上に広げ、乾燥したら、好みに応じて切り分けます。
3.ブラジルウッドでケルメスのような色を作るために。ブラジルウッドを細かく削り、3日間置いてにふさわしいと思われる強さの灰汁に浸します。 4分の1を消費した後、すぐに小さな岩明礬を追加し、棒でよく混ぜます。それを冷まし、フィルターに通し、密接に包んで、それを片付けます。ケルメスのような良い色を持っています。
4.良いレーキを作るために。好きなだけ尿素を取り、1週間の間、瓶に入れてください。それから炎に触れないようにしてください。それから火を消してきれいな容器に入れます。乾いた絵をニスで塗りたいときは、この液体の一部を指で絵の上に広げます。鉛筆でやるなら 厚すぎて乾燥しません。これにより、良好なニスが得られます。
ここで言う"Glasses aromatique"「ガラスのアロマティック」とは、僧院で香として燃やされることもあるアンバーの一種です。