So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 35

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 35
IV。イタリア、ルッカの図書館"Capitolare"に保存されているMS490番の"Compositions ad tingenda"(組成物の色合い)という題名の匿名原稿には、次のニスの処方が含まれています。
1.透明な物質の混合物、着色された表面に適用されニスを形成します。
亜麻仁油4部
テレビン樹脂2
ガルバナム2
カラマツ樹脂3
フランキンセンス3
ミルラ3
マスチック3
アンバーまたはサダラック1
サクランボの木の樹脂 2
アーモンドの木の樹脂2、
モミの木の樹脂2
乾燥した材料(ポンド)をふるいにかけ、全体を上記のオイルとともに青銅の容器に入れます。
成分を煮詰めないようにしてください。その後、リネンを通して濾過。絵画や彫刻の作品のニスとして組成物を使用する場合。ニスを塗ったら、太陽の下で乾かしてください。この原稿は、L.A.ムラトリLodovico Antonio Muratori (1672-1750)の作品で最初に出版されました。イタリア中世、II巻。 上記の英訳は、サー・チャールズ・ロックイーストレイク(仏1793 - 1865)のものです(P.92、Ref、ZZIVを参照)。
この論文は、北欧諸国で実践されている芸術に関連するさまざまな主題を扱っています。古代の写本の多くのコピーが存在します。 ヘリー写本として知られるもの、MS.3915は、1847年にロンドンのR.Hendrie、1876年にウィーンの"Quellenschriften"(Sources write)という作品で出版されました。オックスフォード、および別の、トーマス・ネルソンとサンズによる最近の版New York,1961