So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 31

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 31
処方IV
マダーレ-キ
材料
マダールート1部(微粉砕)
明礬1部(水に溶かしたもの)
1/2部 炭酸カリウム(水に溶解)
または(硬い木の灰1部。水に溶解して濾過)
方法
きめの細かい(または他の染料の)根をきめの細かい麻布の袋に入れ、沸騰したお湯に浸します。 水の色が濃くなったら明礬溶液を加え、元の量の半分になるまで蒸発させ続け、元の量の半分になるまで蒸発させます。
染染料の入った袋を取り出し、染料ミョウバン溶液を紙でろ過し、室温に冷却します。 冷却したら、絶えず攪拌しながら炭酸カリウム溶液をゆっくり加え泡立ちます。
一滴の色を白い吸取紙の上に置くことによって色が沈殿しているかどうかを確認するためにテストします。 色が広がっても、それは沈殿していないので、より多くのアルカリ溶液を加える必要があります。
色の斑点の周りに無色のリングがあれば、沈殿は完了です。色のしみの周りに白い輪が形成されている場合は、多すぎるか強いアルカリ溶液を使用しています。沈殿が完了したら、混合物を放置してください。そうすれば、それは2つの異なる層に分離します。
一番上の層を注意深く注ぎます(上の色がまだ残っている場合は、使用可能な染料を完全に乾かすためにより多くの明礬を使用した可能性があることを示します)。
再度顔料を分離させる。 水が完全な手順のままになるまで液体を捨て、液体を拭き取り、この洗浄プロセスを拭きます。時間はかかりますが、難しいことではなく、色の完全な透明性を保証します。