So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 24

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 24
染料色材
染料は植物性、動物性、または鉱物性の素材で、基本の媒体を染色または反応して顔料を形成する色成分を含んでいます。あるいは溶媒で抽出してもよく、このインク様の溶液は色を帯びています。
ポンペイでの発掘調査では、その初期から染め屋は非常に完成しており、恒久的な染めの過程はよく知られていたことを示しています。
彼の14世紀の旅行中にヴェネツィアのマルコポーロによって持ち帰られたアイテムの中には、「ブラジルウッド」として知られている染料の木材がありました。
フィレンツェ、ピサ、そしてジェノヴァは、地中海で染料を使って繁栄していました。
「レーキ」と呼ばれるカラー顔料のグループは、水溶性の植物性染料と動物性染料を組み合わせたもので、その原料は岩明礬(硫酸アルミニウムカリウム)であるアルミナと組み合わせると、オイルニスとの混合に理想的に適した不溶性透明顔料を形成します。
(註22)PerunambucoまたはFerunambucoと呼ばれるブラジルではよく知られた木。
植物性染料.
ブラジル
ブラジルの木は"Caesalpinae"種のいくつかの木から来ています。12世紀の間に、1つの品種C.Sappanが東からの陸路または海でのAlexanddriaを通してスマトラ、セイロン、インドからヴェネツィアにやって来ました。 コロンブスとバスコ・ダ・ガマによる「新世界」の探査は、ブラジルにその名前を与えた赤い染め木の森の発見につながりました。
これは、アメリカとのブラジルの木材取引でヨーロッパに奉仕する「ポルトガル王国の独占」への道を切り開きました。 最もすばらしい種類のブラジルウッドはアメリカ人とのteadeとして知られているものです。 最もすばらしい種類のブラジルウッドは、その名の由来となっているペルナンブーコの木として知られています。
この木、"Caesalina crista L"(図XIIを参照)は、最初の伐採時には露出すると暗くなり、他の種類の2倍のカラー値を持つ淡い赤です。
マダーが17世紀と18世紀に支持されるまで、ブラジルの木材は顔料の製造に最も広く使われている赤い染料でした。
37.jpg