So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 22

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 22
ウォルナット油
ウォルナット油は、一般的なペルシャクルミの木、Juglans地域の木の実から圧搾されています(図 XIを参照)。これは、古典文学で神々と人々に尊敬されている胡桃のことです。南ヨーロッパ各地で栽培されているペルシャ丘陵の原産で、最高のものはフランスとイタリアから来ます。
「クルミ」は遠くからのナッツを意味します。「ジュグランjuglans(仏で胡桃)」は木曜日のドングリの短縮形、ジュピター神を表します。「ナックスレジア」は新しい木に付けられた名前で、ナッツが導入され王によって栽培が奨励されました。
種子のオイル含有量は約65%であり、亜麻仁油のような、唯一それによって乾燥油膜の透明性と耐久性を保証し、コールドプレス固形物の最小値を保証するためであるべきです。幾分遅い乾燥およびわずかにより柔らかい膜を形成しながら、ウォルナット油は、アマニ油と同様の特性を有しています。レオナルド・ダ・ヴィンチは、精製亜麻仁油と同じ手順を使用して、ニスを作るための日・肥厚クルミ油を推奨 - 太陽と空気に長時間さらさによりオイルは蜂蜜の粘度を有するまで、亜麻仁油は、その後完全に、第一の表面上に乾燥する場合クルミ油は、乾燥または全体硬化します。
亜麻仁より15世紀イタリアで利用可能なより多くの製法ができて、ウォルナット油は亜麻仁油の生産よりは緩やかに増加し、市場の場所を支配し始めたものの、長年にわたり好意を開催しているようです。ウォルナット油は、サンシック加工油のような問題はないので、無期限に保存することができるが、保存するうちに悪臭が強くなる傾向を持っています。
34.jpg