So-net無料ブログ作成

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 2

Classic Italian Violin Varnish /Geary L.Baese 2
前書き
イタリアの偉大なヴァイオリンニスと一致して、よく知られている単語「ニス」の起源は神話とロマンスに織り込まれた遺産の中にあります。2世紀、キュレネのベレニケ王妃は、夫の安全な帰還のための感謝の賜物として金星への詩人によって祝われました。黄金の房を受け入れる女神は、それを今日「天の川」として知られている「Berenices Hair」と呼ばれる星座に変えました。(註1)
このように、ベレニケの髪を思い出させる天然の金色の樹脂は"bernice"「ベルニス」として知られるようになりました。中世の間に、イタリア人は樹脂の琥珀をbernice(これは "vernice"になった)としました。そして後に琥珀の一般的な代替え品サンダラックはこの要望に応えました。サンダラック樹脂とベルニス(琥珀)の関係は、昔はBerniceとして知られていたアフリカの港Bengaziから出荷されたことによってさらに強くなりました。
乾燥した樹脂は、表面に広がると蒸発、酸化、またはその両方によって乾燥して抵抗性の透明な光沢のあるコーティングを形成する液体塗料を意味するようになる16世紀まで名前がそのままでした。
伝統的なイタリアのヴァイオリン製作家の芸術的なニスは、丈夫な材料と信頼できる技術に基づく何世紀もの伝統から生まれました。
この知識は混合された美である場合もある保護コーティングの作成をもたらしました。 この壮大な映画を生み出した方法と材料の歴史は、絵画、金メッキ、そしてニス塗りを描いた初期の作家作品を調べることによって辿りつくことができます。
古代とルネサンスの芸術家によって使用された方法と材料を与える書面による証拠の存在は、教会によって促進された芸術医学の間の長年の関係によるものです。 修道院の実験室で行われた植物学的および化学的性質の実験は、その後筆記者によって観察され記録され、実際にテストされ、伝統によって採用され、そして薬局によって公共部門に持ち込まれました。
註1)かみのけ座 ミルキーウェイ-天の川とは関係がない