So-net無料ブログ作成

古典ピアノのコンサートへ行ってきました。

チェンバロ製作者のYさんの工房へ、古典ピアノのコンサートへ行ってきました。
ピアノは19世紀からのクラシックピアノが修復の途中でした。WILH. STEINBERGの古いピアノはグランド型ですが、音は私はあまり好きではありません。現代のものに近い感じです。今回修復途中のドイツ製1920年の楽器を聴きました。修復は調律師でもあるTさんと二人で行ったそうですが、かなり大変そうでした。中音から高音は3弦でタイトにチューニングされています。低音は2弦です。ピアニストが弾き出すと「花のワルツ」 やハイドンなど自分の知っている曲でこの楽器の特異性が分かります。中音域の和音は明らかに「平均律」で調弦されていて3つの弦はほとんど同じピッチで調弦されています。しかし高音域のメロディは明らかにいい意味での「違和感」があります。普通で無い響きです。もちろんウレタン塗装の現代ピアノではないので、音の解像度はとても良いと思います。音も明るいのですが飛び抜けて聞こえる理由を、調律したTさんに聴きました。この方は日本でも数少ない古典楽器を調律できる方です。理由は中音は平均律でそれより上にいく高音で、純正調的に調律をずらしているということです。もっとも完全に純正調「ピタゴラス」調律ではオクターブでうねりが出るはずですが、そうしないところが技術だそうです。
この技術ははっきり言って私にはどういう手法かは理解できません。中音と高音で周波数を割りきれないようにしていることは確かです。鍵盤楽器で単音か複数音源を同一音に調弦する楽器と、笛、フレットのある弦楽器だけに関わる問題ですが、ヴァイオリンの場合はフレットレスでビブラートかけますからこのややこしく繊細な問題はありません。
piano04.jpg
piano03.jpg
piano01.jpg