So-net無料ブログ作成

オイルヴァーニッシュの塗装方法(エレキギター編その2)

オイルヴァーニッシュの塗装方法(エレキギター編その2)
7.裏板、横板も順に塗装してブラックライトで硬化させます。
TLpaint7.jpg
8.気候の良いときは日干しで日光硬化できます。夏の炎天下は避けてください。
TLpaintg10.jpg
9.着色はコロホニウム・レッドブラウンで行います。この塗料は赤紫ですが、下地がコロホニウムライトブラウンまたはダークブラウンの場合には、紫ではなくオレンジまたは赤くなります。
TLpaint11.jpg
10.指でのばしてスポンジで均していきます。
TLpaint9.jpg
11.一回塗装はこのようになります。赤くしたいときはさらに重ね塗りをします。
TLpaint12.jpg
12.紫外線硬化はブラックライトで数時間して均一にあたるようにします。
20Wブラックライトを標準としますが、日光でも日差しの強いときはブラックライトより短時間で硬化します。
TLpaint6.jpg
13.レッドブラウン2回目塗装
レッドブラウンはムラにならないように、テレピン油で薄めて刷毛で塗布していきます。また半乾きの状態でスポンジでならしてムラを取ります。
TLpaint14.jpg
14.最後はヴァイオリンヴァーニッシュ・ピュアアンバーをトップに塗装して、パーツを取り付けます。
ピュアアンバー塗装は堅く後でパーツを取り外しても剥がれることがありません。
TLpaintg15.jpg
15.最後はトリポリ粉末で研磨してバフをかけて、一週間放置した後再び磨きます。
TLpaintg16.jpg