So-net無料ブログ作成

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(48)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(48)
通常の昼光、すなわち白色光は、すべての可視波長の特定の混合物です。この混合物からの逸脱は、私たちによって色として知覚されます。最も劇的な偏差は、この全スペクトル光の一部を物体によって吸収することによって生じます。物体は、現在我々に戻され観察される光のスペクトルの残りの部分に対応する色であると考えられます。私たちが私たちの周りに見る色の大部分と顔料の色は特定の吸収によって作られています。しかし、蝶の羽を作ることができるよりも少なくとも1つの光の変更があります。水や油のの真珠光沢はすべて、ほとんどの金属(図6)の柔らかい光沢と色のように干渉(註15)によって生成されます。干渉は、光沢の特定の場合です(後で詳しく説明します)。干渉は、通常鮮やかで飽和度の高い色を生成します。その正確な位置は、私たちの位置によって決定できません。その位置は、脳より明るいことができません。干渉によって、吸収によって生成される場合よりも、より明るい色が現れます。一般的に、色は次の3つの属性で定義できます。
fig6.jpg
1.色相は、観測された色の名前を生む支配的な観測波長を指定します。「colour:色」、「Tone:色調」、「shade:色合い」という用語は、科学用語ではなく芸術的な用語に由来します。 彼らはさらに色相を指定します。例えば、黄色の色相は、ヒマワリの黄色のようなレッドトーン(暖かい)、またはレモンイエローのようなブルートーン(寒色)であり得ます。
(註15)干渉は、光ビーム内の特定の波長の一部のみが反射され、この色の残りが移動するときに生じます。正確に1つの波長を移動した後、この波長の一部が再び反射され、2つの反射ビームが「同相」になり、互いに強め合います。第2の反射がちょうど波長の半分だけ離れている場合、これらの2つの反射ビームは互いに打ち消し合います。簡単に言えば、干渉とは、透明な薄い層で繰り返される選択反射です。
2.飽和は、観察された色相の純度または他の波長とどの程度混合されるかを与える。 彩度は、色調や色合いのより具体的な用語です。
3.明度は、色が発光すると思われる程度を指定します。それは、黒色(発光なし)から白色(全発光)または無色のサンプルを透過する範囲にあります。光源の場合には明度の代わりに明度および明度という用語が使用されます。
実用的な目的(印刷における色再現など)のために、非常に高い彩度の3つの特定の補色からなるものとして、白色光を補間することが合意されています。黄色(冷たい黄色)、マゼンタ(紫色がかった赤色)、シアン(深い空色)のプロセスカラーです。明度の調整のために定量的な関係を指定し、黒または白を加えることによって、ほとんどの色を定義して再現することができます。