So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(45)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(45)
5章 古典的なヴァイオリンニスの幻想的な側面を説明しようとする試み(2003.8 BVMA)
好都合な照明条件の下で古典的な楽器の塗装を見たことがありますか?スキューバダイビング用具、パラシュート、またはチューバッカがナビゲートして銀河系の戦闘場を利用して目的地に到着すると想像できましたか。(戻る心配は決してありません。)
そのような楽器を勉強するときに、同僚の圧力があなたに近づいていると感じませんでしたか。彼らが旅行をするための暇を待っていると、彼らは「リング効果」が始まり、あなたがしたいことが彼らは嫌だだと感じるようになったのでしょうか。「悪い連中よ。自分の宝物」私はあなたが持っていると確信しています。あなたがこれを読んでいるという事実は、あなたが安全に戻ってきたこと(おめでとう)を意味しています。それはまた、あなたがこの経験の背後にある複雑な理論の少し胃を萎縮させることができるヴァイオリン製作家のであることも証明しています。心配しないでください。これはあなたの次の旅行を台無しにしません。
幻想と脳
高品質の古典的コーティングが私たちに与えている豊富な光学的印象については、どのように記述しても、
・私たちがそこにいることを知っている実際の10分の1ミリメートルよりはるかに大きい次元の感覚。
・光が内側の光源から来ているように見えて、ニスを燃え上がらせ、光って輝かせ、輝かしいものにする。
・二色性(註3)異なる角度から見たときにオブジェクトの色が別の色に変化するように見える場合によく使われる用語である。それは青色に変わる黄色のように劇的である可能性があります。
私たちはこれらの印象のすべてが幻想的であることを知っています。古典的な塗装であなたの車を駐車することはできません。自発的に自ら発火することはなく、自らの色を変えるほど生き生きしていないのです。それにもかかわらず、これらの錯覚は非常に現実的です。理由は、実際には私たちの眼ではなく、脳で見ていることです(註4)。
知覚神経は限られた感度範囲しか持たないので、光刺激の相対的な存在に常に適応する必要があります。(註5)
これは、脳が相対的なものを解釈することによって見ているものの大部分の性質を決定しなければならないことを意味します。絶対情報よりも(以前の経験によって補完された)。
したがって、これらの刺激の関係が実際の物体から来る刺激の関係に近い限り、刺激の孤立したグループを現実として受け入れます。これにより、私たちは欺瞞に脆弱になります。
いくつかの画家はこの知識を巧みに使い、フラットなキャンバス上に立体的な立体物を錯覚させることさえできます。 Rembrandt van Rijnの「ゴールデンヘルメットの男」は私の好きな例です(註6)(図1)。(Rembrandt Harmenszoon van Rijn オランダ1606,7,15-1669,10,4)
rembrandt.jpg
それがは、白、ベージュと黒の塗料の少々の点だけが混じっていて、黄色の背景に巧みに混ざっていました。あなたがクローズアップからそれを調べると、ヘルメットはほとんど荒々しくペイントされますが、驚くべき自信を持っていて、黄金色のヒントほどではありません。画家が観察者のために意図した距離は、それを驚くほど納得させるものです。もう一度確かめる! 畜生!たかが塗料に。
註3)より正確には、二色性は、色の結晶が光の偏光のために異なる方向に異なる色を呈する能力を言います。
註4)これはどうでしょう。ある距離を離れて最初に黄色と2番目の赤い光が表示された画面の周辺を見るときに見たものを説明するように求められた場合は、最初に黄色のライトとオレンジ ストライプ、そして次に赤い光 "を生成します。十分に公正で、オレンジ色のストライプは、光学神経の保持時間(インパルスが消えるまでに時間がかかる)によって説明することができます。しかし、あなたがこれらの事柄を見たということの続きとしてはいかがですか(あなたは、赤い光が表示された後、オレンジ色のみを知覚することができますか。)これは、あなたの脳が思いつくことができる唯一の論理的な出来事です。これは、脳が刺激を解釈するだけでなく(目が登録されていることを私たちに伝えることによって)、それが現実であると考えるものへの解釈も鎮圧することを示しています。反射反応のように、これは民主的なプロセスではありません。時には、欺瞞が目立たない時には、脳の不正行為を知るようになり、それでも理性が脳の誤りを告げるのは難しいのです。
註5)これは極端に目立っています。晴れた通りから暗い室内に降りると、最初は黒く見え、その後はぼんやりとした形になり、数秒で室内が自分の廊下になるかもしれません。
註6)レンブラントへの帰属が正しいことは、今や疑問です。(HM)