So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(35)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(35)
オリジナルソースに戻ります。
過去の作業方法や材料についての知識を身につけることは、歴史家や修道者だけが関心を持つように思えるかもしれません。しかし、弦楽器製作家の仕事にとって、その最大の特長を持ちかつては比類のないものであり、古い方法は関連性が高く最先端の技術であることが分かりました。
歴史的文献は、過去の情報源としての単純な情報源と見ることができますが、これらの原稿の研究は、偶然の読者が特に気をつけなければならない障害や落とし穴があります。
わずかな例外を除いて、(ヴァイオリン)ヴァーニッシュに関連する初期の文献は、絵画や医薬品に関連する個人によって書かれたものです。ヨーロッパでは、これらの2つの芸術の歴史は、15世紀初頭まで両方の学問分野は、ほぼ独占的に聖職者によって習得されていました。
絵画で使われたのと同じ成分の多くは、薬の治癒にも使われました。事実、ほとんどの樹脂はヴァーニッシュの処方で登場する前に何世紀にもわたって治療目的で注目されていました。
古典ヴァーニッシュに関連する歴史的な文献の最初の包括的な調査は、19世紀後半の絵画界によって始められました。Mary P Merrifield、Charles Lock Eastlake、Ernst Bergerなどの翻訳者は、ギリシア語、ラテン語、および旧ヨーロッパの方言の初期の論文から貴重な資料を入手することができました。
可能であれば、これらの学者は、同じテキストのいくつかのコピーを比較することによって欠けている章を補完、指摘し、翻訳上の問題に精通していました。 
彼らの仕事は依然として信頼できるものです。他の現代的な同等物を代表する、あいまいな文章やフレーズを解釈することによって、これらのテキストを他の人が利用できるようにしました。しかし、これらの物質のより多くの種類が定期的に使用されていたため、必要に応じてそれらの識別とバルサムが必要になります。それらのために使用される名前は、地域的にも定期的にも変化し、時には入れ替わりました。
材料が比較的容易に識別できるように見えても、現代の同等物は必ずしも同じように機能するとは限りません。例えば、イタリアのルネサンスからのテキストは、しばしばオリオ・ディ・サッソ(石から採った油)をヴァーニッシュの希釈剤として言及しています。
オリオ・ディ・サッソは、より一般的に「石油:ペトローリアム」(ギリシャの「ペトリ」や「ストーン」から)として知られていましたが、今日もなお使用されています。古典的なヴァイオリン製作期間中、オリオ・ディ・サッソ(ペトローリアム)は、油を含んだ硫黄、芳香族炭化水素、活性有機化合物から大まかに蒸留されています。強力で強力なにおいを帯びた発色性の発癌性溶媒となっています。
(皮膚病の治療薬として医学的に使用されていました。)深く埋め込まれた原油を精製した現在の石油は、蒸留範囲が狭く、広範囲に浄化されています。2つの物質が原理的に非常に似ているかもしれないが、硬質樹脂を"olio di sasso"に溶解させるという歴史的な手法は、現代の石油では機能しません。