So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(34)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(34)
第6章
文献の解釈と過去の技術の理解。
ICPC-カナダ。 トム・ワイルダーが編集した、弦楽器とその弓の保存、修復、およびリペアからの転載。
ヴァーニッシュの奇跡
多くの弦楽器製作家にとって、250- 450歳の古典楽器の保守、修復および修理は日常的な現実です これらの楽器の視覚的、音調的美しさは、何世紀にもわたって厳密に使用されているにもかかわらず、小さな奇跡として実際にこれらの楽器が生き残った事実に気づかなくなる傾向であることを忘れがちです。
確かに、ヴァイオリン族の楽器は時間の荒廃に耐えられるように設計されており、古典の製作家の大部分はその技巧に秀でていました。さらに、完成した瞬間から裕福な顧客によって委託された楽器は、所有者の地位に応じて注意と注意を喚起された可能性があります。
しかし、そのような有利な条件は、楽器職人たちの秘密によって作られた楽器のほんの一部に過ぎない。慎重な所有は比較的低いレベルの機械的損傷しか説明できません。ほとんどの古典楽器たちは摩耗、裂傷および偶発的な損傷のかなりな力に耐えています。
それらの生存の奇跡は、劣化の別の局面に現れます。化学的劣化、オリジナルの有機成分(木材、膠、ニス)の分解。ケアと専門家の修復の量は、この劣化を完全に止めることができません。しかし、異なる材料および材料の組み合わせに対して、異なる速度で時を刻みます。私たちのために幸運にも、その手は古典楽器のために動くことに消極的です。
例えば、クラックを掃除する場合、19世紀に作られた楽器の板が曲げられている場合よりも古典楽器の板が曲がるときの方が、クラックを伸ばす危険性がはるかに低くなります。また、古典楽器のオリジナルの木材は、後で追加された取り替え用の留め板や当て板の弾力よりも弾力性が高いことがわかりました。
塗料のもう一つのケースは、古典楽器の虫食いのダメージです。その損傷は機械的ですが、その存在(またはなくても)は、ハイドグルー(牛膠)などの化学成分によって最も影響される可能性が高いのです。古典楽器の虫食いの損傷は、しばしば後の補修での再接着の領域の周りに集中します。
さらに、オリジナルのコーティング(木材の前処理、下地およびニスからなる)が、何世紀にもわたって数世紀の摩耗、汗、再生および過洗浄に生き残ってきた場所では、通常はその年齢のための顕著な状態であり、それでも完全な満足のためにその保護的で審美的な目的に役立ちます。細かいクラックが立派な傾向で彼らの下地を保持するときでさえ。
ゆっくりした化学的老化は、古典楽器にとって特有ではありません。我々は、15世紀の絵画資料や方法が20世紀に使用されたものの中でも最も長く続くと予測しています。 非常に頻繁に使用される木材は、18世紀半ば以前に製造された高品質の工芸品に使用されていますが、より新しい工芸品に使用されている木材よりも優れた状態です。
これは新しい洞察ではありません。 早ければ1762年にオランダの科学者Cornelis Johannes Krayenhoffは、古い木材と比較して現代のオークの劣性に関する研究を発表した。3年間の研究の一部は、古い木材で終わるように促しました。3年間の実用的研究により、伐採される1年前の木にリングバーキングするというの古風な方法の復活が木質を元のレベルに戻すと結論づけることができました。(註1)
Krayenhoff氏の研究によると、古い方法で伐採された木材は、木材がより硬く、弾力性があり、木こりを触発する可能性が低い。 古い木はまた、伐採と使用の間の通風時間も少なくて済み、乾燥中に亀裂が発生しにくい。
古典楽器のしばしば優れた音色や美的特性は、デザイン、職人技、および/または関連する素材からのみ生じることがあります。これらの楽器に使用される材料の優れた耐老化性は、これらの品質に非常によく寄与します。いずれにしても、古典的なヴァイオリン製作方法から得られる作業方法や材料(木材、膠、ニス成分)の調査は、原材料の収穫と加工の方法と可能な品質向上の関係に注意を払う必要があります。
(註1)ring-barking(Girdling)リング状に樹皮を剥ぐ方法