So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(33)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(33)

後書(Roger Hargrave, February,2015)

コーエン氏の製品は使いやすく、その結果、多くの人が頼りになりました。彼が死んだとき、ヴァイオリンニスの世界は混乱と困惑に陥れられました。死後わずか数週間で、ヴァイオリン製作家ではない私の息子が私に尋ねました。「お父さんが死ぬとその知識はどうなりますか?」 今私は価値のあるものを知っているのでこの話を関係づけていませんが、コーエン氏が死んだときはシャッターが降りたようだったからです。
私のコーエンとの密接な関係にもかかわらず、私はパディング家の印刷用インク工場を訪れた直後、代わりに私たちはそれぞれの家、庭園、またはいくつかのレストランやその他の場所で数時間座って話しました。私は最終的にダブルベース製作家のRené Zaalと共に工場を訪れたとき、それは非常にトラウマティックな状況の下でした。
コーエン氏が父の工房で設立した研究所は大きく、光に満ちていました。おそらくニスの実験を含んでいる何百もの瓶を備えたいくつかのガラスキャビネットがありました。これらは全て慎重に表示されました。
私は、コーエン氏が工場のニスと実験のための材料を保管していたことを知っていましたが、材料や手がかりを探す時期ではなく、コーエン氏の方法論的正確のために 非常に詳細に記録されてました。
確かに私はまだそれがどこかに書かれていないとは信じません。彼のウェブサイトが明らかにしたように私はコーエン氏の仕事を知っているから、彼は常に非常に組織的であり、正当な理由なしには何の指示も入れませんでした。
小さな小屋の別館は、商業用キッチンで使われているような、彼の加熱ポットを行った場所だったようです。私は似たようなものを使っていますが、これはもっと大きかったです。あたかも1人か2人がまるで掃除を待っているかのようにニスが残っていました。
このニスは赤色で透明で、はっきりとデカントされていました。オランダの厳重な安全衛生規制のため、私はある種の排出装置を使用して煙が大気中に漏出するのを防ぐことができたと確信していますが、私が訪れた工場周辺に排出装置がないことがわかりました。
私はいつも自分のニスを作りましたが、何年か前にコーエンが作ったグランドカラーを使い始めました。これは、同様の方法を使用していましたが、彼はニス材料をフルタイムで使用しており、結果的にこの製品をより良いものにしていたからです。
それを作るプロセスはやや乱暴で、臭いものでした。それは尿や糞を使用することでした。(註1)私たちは定期的に引用している共通の愛すべき古書を通して、この下地を一緒に開発させるプロセスを始めました。
残念なことに、非常に多くの同僚もそうですが、私は徐々に全面的に作業をやめました。コーエンは単に私にグランドの無色を送ってたので、私は怠惰で勢いを失ってしまい、何年も前にコーエンが簡単に管理していたことを達成しようと努力しています。私はこのプロセスについて、私のウェブサイトに書きました。記事には、"Making a double Bass"「ダブルベースを作る」という記事が掲載されています。
1)コーエンとその家族は、これらの材料の可能な供給源である馬を保有していました。(HM)
"Making a Double Bass" by René Zaal&Roger Graham Hargraveより(1)   2018-03-21 参照。