So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(26)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(26)
命名法は、ヴァイオリンの表記では曖昧です。コート、層およびニスのような言葉は、無差別に使用されることが多く、単一の文章であってもいくつかの異なる意味を取ることができます。サッコーニのヴァーニッシュの章では、いくつかの文章では専門用語を混乱させるという問題もあります。
この問題を明確にするために、私は専門的に使用されているように相関用語をチャートに含めました。この記事の残りの部分で専門用語を使用します。
図1:伝統的にそしてサッコーニ氏によって使用されている用語の相関。
Profession             Sacconi                      Traditional
Coat                         Layer                       Coat - layer
Stratum - layer         Layer                       Coat - layer- layers
Strata - layers          Layer                       Coat - layers
Coating(all strata)   Group of layers called varnish     The varnish
職業的                  サッコーニ            伝統
コート                  レイヤー             コート, レイヤー
Stratum, レイヤー    レイヤー             コート, レイヤー
Strata, レイヤー      レイヤー               コート, レイヤー
コーティング    ヴァーニッシュと呼ぶレイヤーのグループ   ヴァーニッシュ
コートは、材料または組成物(必ずしもヴァーニッシュではない)の単一塗布であり、層は、同じ組成物の1つまたは複数のコートであり、異なる組成のコートと境界をなしています。コーティングは様々な層のすべてであり、言い換えれば様々な組成の個々の応用を一緒にしています。
厳密には技術用語ではありませんが、「レイヤー」は、層の意味でコーティング専門家によって一般的に使用されます。
ヴァーニッシュの出版物で最も混乱しているのは、ヴァーニッシュという言葉自体の使用にあります。彼の章に1ページ半しか入っていませんが、サッコーニはこの用語の一般的な誤用に対処し、「ヴァーニッシュと呼ばれるグループは、多様な材料と組成物を重ね合わせた複雑な手順の最終結果」としました。
このヴァーニッシュはストラディヴァリのコーティングの1つの層でありサッコーニの先人の大部分からはずれていて、多くのヴァーニッシュの議論の中でまだ欠けています。
ヴァーニッシュと他の層とを区別できなければ、ヴァーニッシュ自体とは何の関係もないヴァーニッシュの(もたらしたと言われてしまう)品質が生じます。明確な代替用語がないため、サッコーニの用語としての「ヴァーニッシュ」の使用は、残念ながら、章が展開されると再び混乱するようになります。
しかし、サッコーニは彼の中軸の発言をはるかに超えています。彼は次に木材に埋め込まれた層がなければならないことを推論します。彼はそれをプレパレイション(処理)と呼んでいます「このプレパレイションをするために木の表面を取り除く必要があります」。「私はそれがこの楽器の音質と密接な関係を持っていたのではないかと思います。」
このプレパレイションとヴァーニッシュ自体との接触が後者の変色をもたらすので、サッコーニは、2つの間に第3の層 - 分離した化合物がなければなりません。
サッコーニの最初のコンセプトでは、コーティングは3つの層から構成されていました。:プレパレイション「第1のヴァーニッシュ」)、単離化合物およびヴァーニッシュ「ヴァーニッシュ適正」または「第2のヴァーニッシュ」 適用後に一部分および明確な部分を含みます。
サッコーニは、ほとんどの場合、着色されていないヴァーニッシュのコートは、着色されていないヴァーニッシュと着色されたヴァーニッシュと思われる無色の物質との境界の前に常に存在すると主張しています。
サッコーニの概念は、ストラディヴァリのコーティングの下地層の形成に関する最近の洞察と実際は全く同じです。2009年の研究では「ストラディヴァリ ヴァーニッシュ」Brigitte Brandmair、Stefan-Peter Greinerが特定の詳細についていくつかの興味深い新しい角度を提案し、ヴァーニッシュの2つの個別の層と前処理または着色ステイン塗料の存在について再考した 少なくとも3つの層からなります。
BrandmaireとGreinerはまた、科学的な研究やそれに基づく結論として、使用される分析方法の範囲によって限定されることを雄弁に説明しました。このような限定は、サッコーニのような非学術製作家にとっては、推論と仮説についての結論を基にして、厳しい科学的証拠を超えて飛躍することができました。