So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(25)

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(25)
"A Fresh look at Sacconi`s varnish research" 
サッコーニのニス研究の新しい見方(Strad.July 2001)より転載
1972年にシモーネ・サッコーニの「I'segreti`di Stradivariストラディヴァリの秘密」が出版されてから、ヴァイオリン製作者は、ストラディバリのサッコーニの章で言及された中心的な要素であるプロプリスと水ガラスを使って、偉大なマスターのニスを再現しようとしました。
Andrew Dipperの英訳が1979年に登場するのを待っていたイタリア語以外の弦楽器製作者たちは、7年後のスタートになりましたが、イタリア語のオリジナルを理解できる製作家はストラディバリのニスを再現することはできませんでした。
サッコーニシステムを使用して塗装された多くの楽器は、クラクルーア(細かいひび)およびべたつきの問題のために再塗装しなければなりませんてせした。ニスは使用するにはあまりにも脆弱でした。
それ以来、サッコーニ処方に対する世間の幻滅は、彼のニスに関する全章に関心を持たれませんでした。Emil HerrmannとWurlitaer社との40年間の復旧作業の中で、サッコーニはStradivariの研究所との比類のない量の最初の経験を蓄積していたので残念です。
そしてストラディヴァリのヴァイオリンに対する情熱にもかかわらずサッコーニは犯罪現場で法医学的専門家の臨床的客観性をもってこれらの尊敬される物体を研究することができました。結果として、ニスに関する彼の章には、本書のセクションの構築と同じくらい感動的な観測が満載されています。
私が「セグレッティ(秘密)」という言葉は、一人の作者が書いた同世代の本ではないことは注目に値します。Alfredo Puerariの仲介を通して、それはサッコーニとの手紙や会話からBruno Doroniによって抽出されました。これは遅く不満足なプロセスです。
時間が経つにつれてサッコーニの解説はますます凝っていき、いくつかの書き換えの後でさえ、ニスに関する彼の考えは依然として流動的でした。この記事ではサッコーニのニスの章の文脈を提供しサッコーニの考え方を他の表現と比較するための参照拠点を提供することにします。