So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

卵から孵化する錬金術(1) Koen Padding

卵からの孵化する錬金術(1) Koen Padding 
Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(7)
BVMAニュースレター第37号、2004年秋
BVMAの許可を得て複製:British Violin Making Association (英国ヴァイオリン協会)
BVMA Newsletterの2004年春号では、David MuroがPaduan Manuscriptの奇妙で素晴らしい処方に関する質問を出しました。
「最高のカーマインを作るには。卵をとって穴を開け、卵白を辞去し、水銀を卵に入れていっぱいにして穴をふさぎ、可能な限りそれを密閉します。太陽に非常に暴露された馬糞と2フィートの深さを埋めるようにして、真夏にこれを行います。この状況で40日間放置した後、壊れないように十分注意して取り出してください。そしてそれを壊します。あなたはその中に生きている動物を見つけるでしょう。動物を死なせ保存すると、それは粉になります。絵の具やミニチュアのために最も美しいカーマインになるこのパウダーを使用してください。ただし、最初は匂いに注意する必要があります。」(註)
デビッドは処方が暗号化されたメッセージであるかもしれないことを示唆しました。しかし、公平に考えるとこの種の文章についての神秘というものは、使用されるフレーズや専門用語の言い回しにもはや敏感ではないという事実に基づきます。しかし、歴史的な情報の理解には価値のない支障もあります。または、錬金術の記述はこの処方が始まった頃のことであり、情報をさまざまなレベルで無限に伝えるものであります。
錬金術師は、死んだまたは生きている動物が卵の中から出現すると本当に信じていたのでしょうか? 私たちの間では、非常に迷信に満ちた人だけが、この馬鹿げた考えに責任を持つ人たちを支持するでしょう。ある意味では、私たちの存在は、錬金術士にとって不可解な動物が生きて蹴っていることを証明しています。この処方に含まれているより明白な情報の2つの説明をしようとします。これは部分的にあなたの祖先の健全性への信頼を回復することですが、また歴史的な原稿を解釈する際に背景情報の重要性を強調することです。
一見したところで、「復活までの最善のマスターの手引き」の文節に見えるのは、実際には基本レベルでは分かりやすい処方であるということです。しかし、それは生産処方としては見えません。より深いレベルでは、それは実践的な練習の手段として化学物質の基礎を証明することを意味していたのであり、私はむしろそれを命令書と呼んでいます。私への処方という言葉は、多かれ少なかれ簡単な製作手順を意味し、ケーキ作りのような感じです。
それは、元のテキストが書かれた意図とそれが書かれたホームを知るために、古いテキストの場合は特別なものである可能性があります。言論の自由や情報の自由の時代には、ヨーロッパの人口の圧倒的多数が文学者だった時に、書かれた言葉に関連する文章が書かれていると思う傾向があります。確かにテオフィリウスや古い書記 アトス山修道院文書は、書かれたかコピーされた原稿がずっとさまようことは決して本意ではありませんでした。
これらのテキストは、非常に近くに住んでいるか、または著者と同じ伝統に住んでいる読者のために書かれたものです。これらの意図された読者は、テキストを補う実践的な経験と指導の世界を持っていたでしょう。これは、重要な実用的な情報の驚くほどの希少性を部分的に説明するものかもしれません。
註)Paduan Manuscriptのこの方法の示す意味は、結論としては硫化水銀、ヴァーミリオンを作るにすぎません。馬糞や兎の尿などが出てますが、全て窒素源でアンモニアを酸化して硝酸に、卵の黄身に含まれる硫黄を水銀と反応させるためです。卵の殻は特に陶器や素焼きの粘土で代用できます。気体が通過し液体は通過しないメリットがあります。
この文は本書の最後の章となります。Koen Padding氏の書いた論文です。