So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Violin Varnish note and articles form the workshop of Koen Padding(3)

リネアクレモネーゼのプライマー
これはプライマーの適用範囲がより簡単に適用されるように設計されています。メープルには2-3コート、スプルースには1-2コートが推奨されました。
リネアプライマーM1ライト
弱い匂いを持つ金色の茶色の液体(水の溶液)です。
溶媒を蒸発させた後、残渣は淡黄色であり、微細な結晶構造を示します。
この物質の元素分析は、主成分がカリウムであり、シリコンも存在することを示しています。赤外分光法は、結晶質物質を硝酸アンモニウムと炭酸水素カリウムの混合物として同定されました。多くの硝酸塩も存在します。
従って、リネアクレモネーゼプライマーM1ライトの組成は、クレモネーゼ木材処理Secundoのそれとよく一致します。(シリケート化合物は、明確に同定することはできません。)
リネアクレモネーゼプライマーM1 ダーク
暗赤褐色の液体。溶媒を蒸発させると、半固体の部分的に結晶質の塊が残ります。
成分の分析は、結晶性物質がカルシウムを主成分(85%)およびカリウム(15%)として含むことを示します。
赤外線分光では、主成分としての硝酸カルシウムと副成分としての硝酸カリウムとからなるサンプルを示しました。亜硝酸塩もまた顕著な量で存在します。
溶液の茶色は有機化合物に帰することができます。サンプルの濃色と強いにおいは元々強い熱にさらされていることを示唆しています。この試料の分析は"Imprimatura Dorataprimer 2"の試料の分析と密接に一致します。
註)Linea Cremonese primer クレモナ系のプライマーという意味でしょうか。