So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Making a Double Bass by René Zaal&Roger Graham Hargraveより(2)

Making a Double Bass by René Zaal&Roger Graham Hargraveより
コロフォニウムの処理と安全に関するノート
いくつかの選択肢がありますが、主に私の主樹脂としてコロフォニウムを使用しています。これは、ベースに使用したニスのベースです。コロフォニウムは、ベネチアン(テレピン)とストラスブルグ(テレピン)と似たような屈折率を持っています。
重質のステンレススチールのアスパラガスパンは、樹脂の加熱に最適です。約18インチの高さで、直径6インチの45インチです。私が作るニスの量を決めたら、樹脂を低速でゆっくりと加熱します。様々な揮発性物質を迅速に失った後、徐々に体積が減少します。最大80%以上になる可能性があります。私は屋外で加熱し、可燃性のものからは遠ざかります。私は炊飯器を雨の中から守るために小さな一時的な避難所を持っています。庭園から小さなプラスチックとアルミニウムのグリーンハウスを購入しました。これは悪天候からストーブやポットを保護します。それは約25ユーロです。それは高さが約3フィートなので、私はそれを非常に安定していることを確認してレンガにセットしました。何も転倒したくない。この家は、ストーブ、ステンレス鋼のアスパラガス加熱用ポット、ある程度のクリアランスのために十分高い必要があります。私の家は上部に開き、温度をチェックし、ミックスを炒め、煙が逃げるのを許します。特に、初期の段階では、この蒸解プロセスは、非常に可燃性の臭いの多い硫黄の黄色のガスを放出します。これらは、特にあなたが町に住んでいる場合は、隣人や当局を喜ばせません。フレンドリーなラボを探したり、しばらくの間移住することをお勧めします。あなたの電気代は非常に高くなります。特に私が冬の間に時折加熱をしている場合は特にそうです。しかし、夏に外で加熱すると火災の危険性が増します。
ニスを加熱することに決めた場合は、冬でも火事や爆発の可能性を十分に認識する必要があります。 油や樹脂はすぐに発熱し、数日間や数日間調理すると常にそこにいることはできません。特に羊毛と綿の衣類は煙霧を吸収して可燃性になります。あなたは常に消火器を閉じるべきではありませんが、あまり近づけないようにしてください。 これは石油系の火を出すことができるはずです。 オープンな炎の上でニスを決して加熱しないでください。
ニスの加熱中に死に至ったという歴史的な報告がいくつかあります。ほとんどの町や都市では、加熱ニスは街の外でのみ許可されていました。私は個人的に重度のやけどを受けた数人を知っています。 1つは必要な皮膚移植片。 何よりも、抽出装置と適切な温度制御が可能なラボにアクセスできることがベストです。 実験室の抽出機にアクセスできない場合、これは屋外で行う必要があります。註4)
熱く速く加熱しないでください。コロフォニウムが熱くなり過ぎると、焦げて醜い黒茶色緑色に変わります。 私は400℃に達する温度計で常に温度をチェックします。量が減るにつれてそれに応じて温度を下げる必要があります。
時間を節約するために、私は大量のニスを加熱しました。これは間違いであることが判明しました。適切な装置がなければ大量の規制は困難です。主な問題は、全体にわたって均等な温度を保つことです。バッチ(一釜分)の底部を燃焼させるのは非常に簡単ですが、上部は周囲の空気によって冷却されます(特に冬季には)。少量の燃焼でもバッチ全体が損なわれるため、少量を加熱するのが最善です。冷却後、得られた赤色樹脂は後の段階で油と混合することができる。燃焼したバッチは廃棄することができます。先ほど指摘したように、どちらの樹脂を選んでも、かなりの量が蒸発します。この赤い樹脂を単にオイルに加えるのではなく、全体的な量が大幅に減少することが多いので、以前に説明した簡単な方法で既にコロイドとブレンドされたオイルに加えます。どれくらい正確に言えないのですか?これは樹脂の色とどれだけ沸騰したかによって決まるからです。最後の分析では、私が以前に言及した比率を維持しようとします。
私はこの方法を簡単に見つけたわけでははありません。特に最初はかなりのバッチを焼いていました。さらに、私はニスを作る方法を多くの人に示しましたが、最終的にはすべて自分の技法で製作します。
色の歴史的意義に関する考え方
示されているように、我々は古典的なニスで見ることのできる色のいくつかの可能な源があります。いくつかの古典的な楽器は、かなり透明で透明なニスで最初にコーティングされ、時間が経過するにつれてより暗くて魅力的になっていることがあります。実際には、アンドレア・アマティの16世紀のずっと前です。ヨーロッパの楽器製作はすでに古代の工芸品でした。ヴァイオリンが登場する前に、さまざまなニスが加熱して製作されていました。さらに、ヴァイオリン製作のいわゆる古典的な期間は、これらのニスが消え始めるまでに200年以上も経っていました。この200年の伝統は、クレモーナの後のメーカーが既に「酸化された」赤茶色の楽器を見ていたことを意味し、私たちのようにそれらを倣うことを望んでいたかもしれません。私は利用可能なさまざまな乾性油についていくつか言及しました。たとえば、ヴェネチアのヴァイオリン製作家がクルミ油ベースのニスを使用していた可能性があります。ウォールナットオイルはヴェネツィアの画家が確かに使用していました。ウォールナットオイルは時代とともに赤色に変わるだけでなく、しばしばヴェネツィアのニスと関連させる方法でクラックを発生させる傾向が強くなります。
初期の装飾(塗装)されたアンドレア・アマティの楽器のいくつかは、それらの様々なモチーフを高めるために、非常に薄い透明な赤い層を塗りつぶしている場合があります。 このプロセスは、「グレージング」として知られ、多くの画家の標準的な習慣でした。ネット上には、釉薬やグレージングに関する多くの情報があります。 その目的は、作業全体を「持ち上げる」ことで、すべての色をより豊かで暖かく見せることでした。 しかしながら、この性質の釉薬は非常に透明であり、特に激しいものではなかった。 さもなければ彼らはペイントワークを隠していたでしょう。
アンドレアの飾られた楽器の主題を上げて、クレモナの人の装飾的な楽器は、初期のクレモナのすべての製作者が使用したのと同様のかなり標準的なニスで覆われているように見えるべきです。もちろん、これらのコーティングを変更した可能性もあります。しかし、これらの飾られたアマティの楽器のモチーフの多くは500年後でさえ、色が著しく衰えていないという兆候すら示しません。特に赤ドには、ある種のレーキ色が含まれています。彼らのニスにレーキを使用したい、または使用したいと思っている製作家に興味がある事実です。結果的に、赤色の着色したニスを上に塗布した場合、痕跡が見られないのは驚くべきことです。
かなり多くの色の退色について知られています。 一世紀以上にわたり、古典的な製作家に利用可能な色のほとんどが試され、テストされています。 真実は、ヴァイオリンニスでは、常に人気のある湖や様々な地球の色などのトップカラーのほとんどがかなり安定していることです。 彼らがうまく作られたことを前提としていました。 これらの色の多く、特にレーキは普通「逃散性」に分類されますが、これらの分類はUV光への極端な暴露に関連しています。ヴァイオリンがそのような暴露を受けるのは珍しいことです。
それにもかかわらず、色がニスに加えられてから色あせた可能性は否定できない。現代の芸術家の顔料であっても退色は珍しいことではありません。有機色は特に憂慮すべきものです。 「ドラゴンズ・ブラッド」とサフロンは、最も有名な例の2つです。 色自体とは別に、退色の程度は、色を運ぶために使用された媒体の種類と、最終的にこれらの色が持つUV光および類似の破壊要素にどれだけの暴露がかかっているかに依存します。
註4)容器をオープンで加熱すると熱分解で出る揮発性成分に簡単に引火して燃えます。
テオフィラス、チェニーニの頃の後ボナーニやいろいろな技術者が密閉容器の製作に取り組んだことは、以前に述べました。後にレイノルズやリヴァーチェの書籍を紹介しましたが、これらは大規模な工業スケール生産の装置でした。この流れを無視しないで欲しいと思います。つまり{オープン}で加熱することはナンセンスです。