So-net無料ブログ作成

古典弦楽器製作家の塗料の発見LAPO CASINI その6

古典弦楽器製作家の塗料の発見LAPO CASINI その6
リノキシンの変換は、以下の段階から進行します。無色の固体状態への変換。マーマレード状の粘度の物質へ。茶色の塊のリノキシン。薄い黄色で、時間とともに特性は変化し、凝固しその粘ちょうで可溶性の状態になります。熱に対する敏感な可塑性が失われます(加熱温度では液体です)。
どのように古代人はそれをやったのでしょうか?
これは不可能で、塗料は油であるため、彼らは可溶性にされた1つの酸化油を使用したので、彼らはオイルでヴァイオリンを溢れさせないことは確かです。
火とケン化。
続行し、最も可能性の高いシステムが何であるかを見て、私は自分の信念を表現することができます。
私はこのニスがピエモンテ州、ラツィオ州、シチリア島、大都市だけでなく町で作られたヴァイオリンであると信じています。交易が非常に難しい時代に、この塗料はイタリア全土に広がり、ヴァイオリンよりずっと古いのです。私たちの美しいヴァイオリンが生まれたとき、私はそれがすでにどこにでも知られていたと信じています。
私が周りを見回すと、私の同時代のヴァイオリン製作者の大部分が独学で見られます。 気持ちと情熱を持つ人たちのためにヴァイオリンをコピーするのは簡単です。
私は600人のイタリアのヴァイオリン製作家の大半もこのように生まれたと信じています。 彼らはヴァイオリンをコピーし、ニスを与えました。彼らがコピーしたヴァイオリンもニスの処方を持っていたのでしょうか。
Gasparo daSalòや彼の生徒Magginiもヴァイオリンに加えて私たち自身のニスを発明していたのでしょうか。
私はこれがはるかに古く、今日のように非常に高価だったコスト作業のために、今や良いか悪いか、商業的規模で準備されていると確信しています。 サンダラックのコストは8,000〜10,000ポンド/ kgです。
私たちの弦楽器製作家はそれをしたとは思いませんが、すでに購入したか、または必要な物質でそれを注文しました。少なくとも彼らがそれを保管していれば。
塗料は、一般的な消費のために、より簡単に、より少ない量で、安価で、長くて困難な制作のこの高価な塗料に替わり、我々の弦楽器製作家はもはや必要であれば、ふさわしいものを見つけた最も快適な塗料で置き換えました。
いずれにせよ、彼らはすでにそれを購入していて、ほとんど重要ではありませんでした。
しかし、この塗料のシステムは、現在に至りリノリウム、dermoids(不明)、偽の皮膚、釉薬となりました。
オイルを乾燥させる方法
現代に至って、工場で閉鎖されています。古典ヴァイオリンのニスがこのシステムで作られているのを見ることはできません。
シンプルなシステムと簡単なことはありません:樹脂で乾いた油。
これらの古典ニスは、すべての皮革、リノリウムなどの前駆体でした。私は、それらが確かに存在していた塗装されたかキャンバスの、偽の皮の現代的な製品であると言っていると思います。
このニスはどのようであったか。
鹸化が否定されない場合、特にオートクレーブが必要ないで、最も自然で論理的なシステムは火であり、ポットやダブルポットで直接火の中で少しの経験で無駄なく調理することができます。シンプルなシステム。主成分:乾いた亜麻仁油、完全に乾燥しています。 市場では見つけることができず、それを得ることは決してできませんでした。大量生産するすべての人、すべてのヴァイオリン制作家がそれを自分で準備しなければならないほど大変でした。
少量の場合はヴァイオリン、または2つの場合、あなたはガラスでそれを準備することもできます。
オイルが暑い季節に2〜3日の乾燥した日に良い場合、軽い層となります。
様々なガラス上にいくつかの層ができます。それは外に出て、粉砕され、空気中でまだ数日間保持されます。(少量の場合は鹸化を使用する必要があります)。
実質的な準備のために、私は最終的に最も実用的なシステムを推奨します。 それは時間がかかります。 2枚、3枚、4枚の合板が約60×80の大きさで、報告された縁があり、接着剤またはシェラックのコートで十分に防水されています。それぞれ1リットルの油を使用します。油は表面的に酸化し、その下は液体のままです。時にはフィルムを片面に引っ張って、数ヶ月後にはほとんどすべて乾燥します。
まだ酸素が入っていないことが広がるようにもう一度混ぜてください。そして、すべてが今乾燥していると確信したら、それを挽き肉器(ミンチャー)に入れてください。
しばらくの間、もう一度静置しておいてください。リノキシンはできており、細断された弾性ゴムの状態となります。
樹脂:市販されている樹脂には、このような場合があります。コロフォニウムマスティック、サンダラック、マニラコーパル。マスティックはロジンとほとんど同じ働きですがより高価であるので、それを使用するのは省略します。
マニラコーパルは、私たちの目的に美しく対応する化石樹脂ですが、現在市場で見つけることは非常に困難であり、アルコールに非常に溶けやすいものとなるとさらに難しいです。いずれにせよ、この樹脂に焦点を当てて、それを見つけるために見る必要があります。なぜなら、それは砂場の5分の1を要し、とてもうまくいくからです。
サンダラックは見つけやすくとても良い樹脂ですが非常に高価です。
亜麻仁油と樹脂はすべて炭素と水素の天然化合物であり、それらの間に大きな親和性を有しており、我々はロジンが亜麻仁油、サンダラック、コーパルに溶けることをすでに見てきました。(サンダラックおよびコーパル、明確にするために、私はそれらを「硬質樹脂」と呼んでいます)。我々が後で見るように可溶性のリノキシンでさえ、これらの樹脂の違いは異なった結果で異なって結合されます。
私が繰り返すリノシーナは、弾力性のあるゴムのような体であるが、非常に低分子の接着性であるため、リノキシンフィルムはほとんど抵抗なく裂けます。樹脂はそれを硬化させ、均一性を与えます。樹脂 リノキシンが誰もが簡単に結合できることを理解できます。