So-net無料ブログ作成

Stil de grain yellowとReceda(Weld)レーキ

Stil de grain yellowとReceda(Weld)レーキ
レーキ顔料は色素の金属化合物です。鉱物粒子を染料で染めたものではありません。
その組成は均一で化学式で表すことができます。天然物から抽出した場合、色素は複数の種類の分子となります。これは混合物ではなく複合した化合物です。
スティルドグレインは簡単に云えばバックソーンのアルミ塩ですが、実際はリセダ(Weld)の混合使用やアルミニウム以外の金属を使用しています。バックソーン(Buckthorn、Rhamnus saxatalis)はクロウメモドキと呼ばれる黒い実のなる植物です。
リセダ(Receda)はWeldとも言いますが黄色のキバナモクセイソウです。これを使用することで、色を鮮やかな黄色にする方法があります。これらのレーキ顔料は既に製品化されて市販されています。
 スティルドグレインの作り方 その2
1.バックソーン またはバックソーンとリセダに水酸化カリウムと水 で一時間煮沸溶解します。
2.溶液は赤褐色でこれをフィルター濾過。
3.水酸化カリウムとコロホニウムの水溶液を作ります。透明になるまで煮沸します。
4.溶液を冷まして2と3の溶液を混合します。
5.この溶液に明礬を添加して沈殿が精製します。このときphはアルカリ性にします。
6.濾過して水洗します。
その1の作り方では最初の酸性領域の沈殿を捨てて、緑色を排除していますが、アルカリ側の領域で作る場合、色は濃い黄色となります。

Recedalake.jpg