So-net無料ブログ作成

Making a Double Bass by René Zaal&Roger Graham Hargraveより(3)

Making a Double Bass by René Zaal&Roger Graham Hargraveより(3)
着色剤の使用
いくつかの古典的なクレモナのニスに色が付いているというかなりの証拠があります。 しかし、何らかの形の赤色着色剤がヴァイオリンのニスに加えられることがあると思われる場合は、おそらくそれを自分自身に尋ねることが大切です。単純な答えは、赤色の色の追加は、美しい楽器を作りたいという要望と同じように、ステータスシンボルとしての赤の重要性と関連があるかもしれないということです。赤い色は貴重であり、作りにくいものでした。 赤い服が着用され、金、砂糖、真珠と一緒に展示されました。より品質の低いミラノの多くの楽器が赤いニスでコーティングされているようには見えないことが重要であるかもしれません。 これは元々赤だった可能性を排除するものではありません 彼らが今日比較的淡い色合いに見える理由は、安価な色素顔料を使用していた製作家にとっては簡単なことかもしれません。
今日、おそらく自然に透明であることが知られている傾向があるため、最も一般的に使用されるヴァイオリンニスの着色剤はレーキです。理論的には、レーキを作るプロセスは比較的簡単ですが、実際は非常に複雑です。歴史的に、これらの赤いレーキはいつも最も難しい色の一部でした。ヴァイオリン製作家の中で最も探検されたレーキはいつもマダーて゜した。今日私たちは世界中で1つまたは2つの茜根の供給者を見つけることができて幸運です。しかし、16世紀にはオランダだけで40種類以上の品種がありました。そして、ここでは、高品質のレーキを作成する最初の問題を抱えています。多くの原材料は、もはや入手できません。マダーとは別に、シードラック(またはスティックラック)、ケルメス、コチニール、さらにはペルナンブーコも、得ることは不可能ではないにしてもますます困難になってきています。私の勤勉な生活の中でさえ、これらの原材料の多くは消滅しており、それらとともに成長、収集、使用の知識と経験も失われています。
これらの処方は、しばしば非常に複雑であるか、あまりに単純すぎるものです。高度に訓練された色材屋がしばしば1つのタイプのカラーのみを作成することに特化しているという理由はありません。
鉱物の色も可能ですが、もともと古代の自然の鉱床から来たものはもはや入手できません。通常は例外的に安定していますが、これらの「アース」カラーのほとんどは最高で半透明です。
私はニスに色を加えることを大いに支持しているわけではないことを指摘しておきます。これは特に混色に適用されます。赤を黄と混ぜてオレンジを作り、場合によっては黒や青を加えて茶色にすることもできます。一般的に言えば、これは完全な災害です。 「混色」は常に濁った色と不透明な色に変わります。より良い選択肢は「融合」です。ブレンドには、同じ色の異なるバッチを使用して、その色の特定の色合いを作成します。カラーブレンドは高度に熟練した職業です。さらに、それはあなたがすでに持っていることを前提にしているか、あなたが必要とする色に近づいていくことができます。残念なことに、私たちのほとんどが追いかけている色が何らかの形でほとんど確実に変更されているため、適切な置換えを見つける機会が限られています。
マダーその他のレーキ顔料
私の学生時代から、私はいつもレーキ色を楽しんできました。何年にもわたって私は数百バッチの天然レーキと合成レーキを作りました。私は、基本素材、塩、液体および温度の非常に多くの組み合わせおよびバリエーションを使用してきました。しかし、私は多分約1年前にニスでそれらを使用することをやめました。正直言って、私は本当にそれほど成功したことはありません。それは私がしたいことに適さないだけです。確かに、これは何らかの理由で私が古典時代に利用可能なレーキを作ることができないからかもしれません。
レーキの色を作ることは楽しいことです。私は誰もが落胆することを望んでいませんが、実際には気になることについて二度考えなければならないと本当に思います。一度にたくさんの時間とお金を浪費することができます。 私は確かに古代の書物に数千時間の実験を費やしました。 クレモニアのヴァイオリン製作家が何をしているのか分かりません。しかし、品評会を審査するとき、現代の製作家は、私が使用した色を知るとしばしば驚いています。(以下は他者の質問)
『それがアリザリンの赤、黒、インディアンイエローのミックスであることはどうでしたか。それはそれがマダー、コチニール、ペルナンブーコ、アリザリンレーキであることをどのように知っていましたか。それはドラゴンブラットであることをどのように知っていましたか。あなたはそれが土類、アニリン染料、チンクチュアーなどであることをどのように知っていましたか。』
私はそれをすべて自分でやったので私は知っています。今、私はそのようなものを含んでいるニスがなく、それでも素晴らしいと言っているわけではありません。そうかもしれませんが、唯一の素晴らしいニスはクレモナニスだと私は言ってはいません。おそらく、私が言っていることは、私が見ているもののほとんどが、偉大なクレモナニスに近づいてないということです。これは主に色の濃さに達するために、ほとんどの現代のニスは非常に多くの顔料を含んでおり、顔料自体がニスの顕著な特徴となるからです。ニスは、色彩ではなく、木材を強化する必要があります。 偉大なニスでは、色はニスの色そのものです。ニスの中の明らかな成分の色ではありません。註5)
私がこのテーマを離れる前に、ある人が艶や他のチンキをニスに直接加えていると言わなければなりません。問題は、いくつかの方法で修正されなければ、チンキはかなり逃散することができるということです。加えて、チンキは色の変化も起こりやすい。これはリトマス紙のように、酸やアルカリの存在に反応するからです。したがって、それらが固定されていなければ、洗浄液や汗などの外部の薬剤によって変化する可能性があります。
メリフィールドのシェラックは1220年にスペインの絵画の顔料として紹介されました。最初の写真は、モンタナナのコピーチェノであり、シードラックから作られた私自身のレーキの色を含んだコロフォニウムオイルニス(スティックラックと呼ばれるシェラックの生の原料)で塗装されています。 2つ目は、コチニールレーキで彩られた同じ基本的な消失色でコーティングされたストラディバリのコピーのチェロです。3番目に、ガリアーノのコピーのビオラは魅力的なレーキで色付けされており、ピンク色の色調をしています。 これらの楽器はすべて1980年代と90年代初頭に作られたものです。 あなたはそれらを愛していて、彼らは素敵に見えますが、私にとっては彼らは正しくありません。最終的な楽器には再びコロフォニウムオイルニスを塗装しますが、着色はドラゴンズブラットに由来します。これはテストーレのコピーです。ヴァイオリンが少し黄色みたいに見えるようにするために、ニスを褪せさせたい。元の色がどれくらい退色したかを示すために、オリジナルのニスの一部を背面に塗りました。 
註5)著者の主張はベースの色がほとんどその楽器の風格を左右する。添加する色材の色によってではないということです。この点では私と考えは一致しています。しかし、レーキ作りに成功したことがないからレーキはダメという考えでヴァイオリンニスは作れません。George FryもJoseph Michelmanもストラディヴァリ時代のニスの復元ではなく、違う方向へ技術が行ってしまいました。しかし、それも失敗ではありません。もう一つの技術です。