So-net無料ブログ作成

天然樹脂の溶ける、溶けない

天然樹脂の溶ける、溶けない

オイルニスもアルコールニスも溶剤として、テレピン油またはエタノールに溶けることが必要です。液体の塗料で無溶媒というのは理想です。塗布した厚みと同じ硬化膜の厚さが得られることと、一回で塗装が済むというのは理想中の理想です。溶剤の役割は適度に希釈することにより、平滑性や下地とのなじみを良くしています。マニラコーパルはエタノーに溶解しますが、完全には溶けません。コーパルをテレピン油に溶かすためには、コーパルとテレピン油を還流する必要があります。図を参照。還流とは、その溶媒の沸点で維持しながら、溶質となる樹脂を溶かすので、溶解に常圧では最大の運動エネルギーが使用できます。そして溶かしたマニラコーパルの写真です。ランニングはしていませんが、少しは熱による変性があります。熱で溶媒のテレピン油(αピネン)も少し重合します。その結果透明に溶けた状態になります。これは室温から50℃程度では溶けません。琥珀(アンバー)はエタノールにもテレピン油にも溶けないのですが、エタノールに長く浸漬して放置すると部分的に溶けます。

copal-solution.jpg

メディウムとオイルニスは本来同じものですが、ヴァイオリンのオイルニスは絵画のメディウムの中で適した処方を使った流用です。コーパルや琥珀のランニング樹脂は、メディウム用として亜麻仁油や胡桃油と反応させます。決して単独または、処方の中にただ溶解して使用しないでください。これは「中間材料」でオイルとエステル交換して初めて使用可能な製品となります。ランニング製品はあまり正しく使用されていないみたいです。またランニング琥珀の内容を疑う記述がwebにありましたので、明言しますが、弊社のランニング琥珀は純粋に琥珀のみを使用しています。100%品です。なおランニング処理で30-40(琥珀とコーパル、サンダラック)コロホニウムで50%の量が分解して減ってしまいます。またこのランニング技術は、14-19世紀ぐらいの技術者は当たり前のように使用していた技術です。

図 還流「フィーザー 有機化学実験」より

reflux.jpg